NEWS | Blue. (ブルー)| サーフサイド・スタイル・マガジン|雑誌

Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

12/1は『Blue & Green』遊びに来てね!

Nov 18, 2019

INVI_BandG-1

  12月1日(日)、とっても楽しい仲間たちと『Blue &Green』と銘打ち、イベント(または忘年会)を開催いたします! Blue=海とGreen=緑を愛する仲間たちとの楽しい夜。GLIDERS(東田トモヒロ&小沼ようすけ)のLIVEがあって、未公開作品の上映会があって、DJやトークなどなど、盛りだくさんの内容となっております。どなたでもご参加いただけますので、ぜひぜひ遊...

Read more

ユニークな場所にあるオルタナティブ専門店

Nov 7, 2019

_IMG4678_1

ピッツェリアの店内という、なんともユニークな場所にお店を構えるソルジャー・ブルー・サーフ。日本海の波に合ったボードを提案する、オルタナティブボードの専門店だ。     オーストラリアとカリフォルニアから厳選したボードを、お客さまのスタイルやホームの波質、体型などに合わせてチョイスしてくれる。お店の場所柄、ショートボーダーが多いことから、ショートボーダー...

Read more

“PORT of CALL” 立川店がオープン

Nov 18, 2019

POC遶句キ・2019_10_23_POC_0025

海外のサーフ・アパレルブランドを中心にセレクトし、感度の高いサーファーから支持されている“PORT of CALL”。新店舗となる立川店がららぽーと立川立飛店内にオープンした。コースタルカルチャーに、音楽とアートを融合させたオリジナルのコンセプトで、センスのいい海外のライフスタイルを提案し続けているこのショップ。ホワイトとブルーを基調とした店内に一歩足を踏み入れれば、海沿いに遊びに来たような気分を...

Read more

バンクス ジャーナルの新たな旗艦店がオープン

Nov 15, 2019

BanksHawaii-61

日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生し、独自の世界観を表現し続けているバンクス ジャーナル。そんな彼らがシングル ダブルのジョン・エスグエラと手を組み、11月14日にハワイ・ホノルルのエクレクティック・チャイナタウンに新たな旗艦店をオープン。   場所はチャイナタウンのバーやレストランが立ち並ぶ路地裏、1121 ヌウアヌ・アベニュー。ダウンタウン...

Read more

Blue.80号 P56、57 お問い合わせ先に関して

Nov 11, 2019

sabre

11月10日発売の『 Blue. 80号』内、P.56、57『グッズセレクション』にてお問合せ先の表記に誤りがありました。正しくは下記となります。   ブルーライト・カットのお洒落アイウエア いつもはサーフィンばかりでも、子供の前ではデキるパパを演じたい。これを掛ければ波情報を観ていても知的な印象に見えてくる。¥12.000/セイバー(ワイティーエス)  ...

Read more

陸トレ用コラボ・ウェアがリリース

Nov 8, 2019

IMG_0011_color

ハワイ・オアフ島発のサーフブランド、ローカルモーションとヴィスラがタッグを組み、スペシャル・コレクションをリリース。スムースな肌触りとストレッチ性に富んだ生地を使用した、サーフィンの陸トレに最適なトレーニング・ウェアとなっている。ディテールに見られるヴィスラを象徴するジェイドカラーが上品さを演出し、ブラックを基調とした大人の雰囲気漂う作りとなっている。ジャケット、パンツ、キャップともに両ブランドの...

Read more

ボルコム×パタゴニアのビーチクリーンが今年も開催

Sep 25, 2019

ボルコム-ビーチクリーン

製品開発において環境保全、地域支援など、よりよい未来を創るためのさまざまな取り組みを推進する、世界で初めてサーフ、スノー、スケートの3Sカルチャーをカバーしたアパレルブランド”VOLCOM”と、ネオプレン不使用の天然ラバーのウエットスーツの製造や、コレクションのすべてがフェアトレード製品になったスイムウエアを展開するなど、高機能ながらも環境や社会に配慮した製品を案内するアウトドア・ウエアブランド”...

Read more

THE SURFSKATERSが鵠沼スケートパークで開催決定

Sep 17, 2019

キャプチャ

サーフィンとスケートボードの総合成績でチャンピオンを決めるクロスボーダー・コンペティションとして観客を魅了し続けるTHE SURFSKATERSが9月28、29日に鵠沼スケートパークにて開催が決定。今年で18回目を迎え、歴代サーフスケート・チャンピオンでプロサーファーの金尾玲生が代表を務める。 2日間に渡り予選ラウンドから決勝までが行なわれ、エントリーした選手はサーフィンとスケートボ...

Read more



© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.