menu

Surfside-house

#026 – サーフなお家の実例集

#026 – サーフなお家の実例集

大らかな海沿いと比べて、さまざまな制約を感じるであろう都市部の暮らし。
しかし、それらを多角的な視点で丁寧に紐解いていくことで、
普遍的かつ高次元でフィットする住まいのカタチが生まれ得る。
ボンドホームのアーバンサーファーズハウスは、まさにその代名詞だ。

***

#026

都市での快適を考え抜いた家
千葉・浦安

物件引き渡しの際、菊地代表が施主の浩明さんに贈ったタイラー・ウォーレンのアートが玄関土間の壁に。写真の右手下部にはアーバンサーファーズハウス定番の混合水栓と排水溝のグレーチング。深夜に家族を起こさずサーフィンに出かけられる細やかな工夫のひとつ

住空間における家族との関係性をはじめ、収容性、快適性、経済性、防犯性など、都市部に暮らすサーファーと同じ目線に立った住宅をデザインし続けているボンドホーム。

彼らが手がける“アーバンサーファーズハウス”は、サーフなお家のひとつの秀でた個性として確固たる支持を得ているが、本物件はその中でも上位ランクに位置する住まいだ。

閑静な住宅街の角地という絶好のローケーション。清楚な外観のデザインがひと際輝きを放っていた
2階の子供部屋。未来のために写真左手にもうひと部屋準備してある

まず、家族同士のつながりや想いを体現しているのが、コの字型の建築構造と、センターに配された中庭テラスの存在だ。

「玄関扉を開けるとホールには大きな窓があり、テラス越しにLDK全体が見渡せます。息子や夫が帰ってきたときも、それがすぐにわかる。『ただいま』って、大きな窓から姿が見えることは、変えがたい安心です(奥様・圭子さん)」

洗濯物の乾燥も全館空調から得られる空気の流れが活躍。お風呂で服を脱ぐところからランドリー、ウォークイン・クローゼットに洋服を仕舞うまでの導線も完璧

次に語るべきは、収容性。

アーバンサーファーズハウスの基本的なファシリティとして、玄関土間とシームレスにつながるサーフボードロッカーはもはや定番。

他、LDKには扉の下部が開いたルンバ収納、キッチンにはガラス窓のスライド式カップボード、2階のサニタリーには水回りの用具や消耗品、体重計など視覚的に雑多に感じられるような品々も悠々と隠せる広いスペースがあるなど、とにかく家じゅうの各セクションに収納が目立つことなく配されている。

その充実度合いに、手がけた菊地代表本人からも「羨ましい」との言葉が漏れるほどだ。

もうひとつの定番、サーフボードロッカーも玄関扉のすぐ脇にあり使い勝手が非常に良い

快適さに目を向けると、いちばんに挙げられるのは、小さなコントロールパネルで建物全体の室温を一定に保つことができる全館空調システムだろう。

壁掛けエアコンのように冷暖気が直接身体に当たってちょっと不快に感じたり、佇む場所で暑かったり寒かったりするということもない。

「普通に感じていた冷暖房さえストレスに感じてしまうかもしれませんね。換気も同時に行っているので、きれいな空気が常に動いています(菊地代表)」

太陽光パネルの発電量と家屋での電気消費量、それらを差し引いた売電量がひと目でわかるタブレット

本多邸はオール電化。おひさまが覗く日中は、屋根の上に設置された太陽光パネルで常時発電されている。

この日も全館空調が作動し、LDKの照明が照る日常的な状態でさえ、全発電量の3/4近くは余剰電力として売電されていた。

こういった点で、非常に経済的、かつエネルギー効率に優れたエコロジカルな住まいと言えるだろう。

建物に多くの価値をもたらしている中庭テラス。「以前は頻繁に海外旅行へ行っていたので、コンドミニアムっぽい雰囲気を加えてくれたのかなとも思っています」と浩明さん

そして、都市部において考慮しておきたいのが、防犯性。

実は本多邸、道路に面している開口部は玄関のみ。にもかかわらず閉塞感を感じさせないのは、前述したテラスの効果だ。

敷地の内外を隔てる高さのある木製ルーバーは、不審者の侵入を防ぐと同時に、空間にさらなる奥行きを与えてくれる。

加えて、いちばん光を取り込む南側の窓が防犯上少ない代わりに、中庭テラスの周りの外壁を白くすることで、太陽光を反射させ、室内に満遍なく明るさを取り込む工夫がなされている。

リビングの角に設られたデスクは宿題をしたり、パソコンを見たり。こちらの吊り棚もオーダーメイド品

「以前までは断然マンション派だったのですが、戸建てであってもマンションの快適さや安全性が得られるというのを、ボンドホームさんの家で教えていただけたのは大きいですね(施主・浩明さん)」

取材時、まだ引き渡し後10日余りだったが、「ここでの暮らしは?」の問いに、「めっちゃ快適、ノンストレス!」と、ご夫婦揃っての矢継ぎ早の異口同音がすべてを物語っていた。

***

DATA

種別:注文住宅
居住者構成:夫婦+子ども1人
構造:木造在来工法2階建て
敷地:166.04㎡(50.22坪)
建築:84.46㎡(25.54坪)
延床:149.05㎡(45.08坪)
設計:ボンドホーム

家主の本多浩明さん、圭子さん、夏絃くんファミリー。駐車スペース脇の植栽と共に設けられたベンチはアーバンサーファーズハウスの新たな試み。今後、近所の憩いの場になるかもしれない
オーストラリアのノース・シドニーで暮らした経験もある浩明さんが「当時を思い出す」と語る2階のデッキスペース。アフターサーフにゆるりとしたい

【この家を手がけた会社】

ボンドホーム
www.bond-home.com

photo◎Ryo Shimizu text◎Isao Negishi(KUJIKA)

BLUE. 100

2023年11月10日発売

[通巻100号記念特集] 100人のサーフ観

2023年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

Impression

KEYO International 9’6″

KEYO

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag