menu

Impression

TRIMCRAFT Haley Pin 7’2″

TRIMCRAFT
Haley Pin

◎Shaper:ジョン・サイモン
◎Size:7’2″ × 21 5/8″ × 2 3/4″    
◎Price:¥219.000(フィンなし)
◎Surfer:劔持良輔(166㎝/66kg)

アウトラインはノーズとテールの形がほぼ同じのダブルエンダー。スピードを最大限に引き出しているミッドレングスのグライダー仕様だ。ボードサイズは6’6″〜8’10″までオーダー可能

 

フィンセッティングは2+1。ボンザースタイルの角度が寝ているサイドフィンと特徴的なレール&ボトムデザインの組み合わせが斬新なコントロール性能を生んでいる

 

 トリムクラフトはカリフォルニアのサンタバーバラで2016年に結成されたコラボレーティブブランド。歴史を築き、サーフシーンの第一線を走っているシェイパーであるライアン・ラブレース、リッチ・パベル、そしてジェリー・ロペスがデザインを提供。才能あふれる若い作り手たちが彼らのモデルをシェイプするという斬新なコミュニティだ。いわばそれは、次世代にハンドシェイプの真髄を伝承する徒弟制度。若手は高次元なデザインをシェイプすることで、シェイパーとしての確かなスキルを短期間で学ぶことができる。そうして、ハンドクラフトの技術と精神が永続していくという画期的なアイディアなのだ。彼らは熟考されたハンズオンのアプローチこそ、マジックボードと真につながる経験を生み出す最良の方法だと信じている。

 トリムクラフトに集うシェイパーの条件は、大小かかわらず自身のレーベルを持つこと。そこにはアレックス・ロペス、ジョン・サイモン、デイビー・スミス、マイケル・アーナル、マイク・ウィスナント、ジェイコブ・エリス、ジョシュ・ピーターソン、ニコが名を連ねる。今回試乗したボードをシェイプしたジョン・サイモンは、ベンチュラで生まれ育った若きクラフトマン。豊かな発想と恵まれた環境に育まれたシェイピングスキルはまだ20代半ばとは思えないレベルに達している。ジョンのレーベルはすでにカリフォルニアの有名サーフショップに取り扱いされていることからも注目度の高さが伺えるだろう。

 試乗したハーレーピンは、ライアン・ラブレースのシック・リジーをベースにしたミッドレングスモデル。ダブルエンダーのミニグライダーにトライプレーンボトムを組み合わせたクラシックかつ革新的なデザインだ。高速のプレーニングが大きな特徴だが、レールにトリッピーフラットチャインを装備しているため素早い切り返しも可能。バックフットでのレスポンスも抜群で、対応できる波のコンディションの幅も広い。

 

IMPRESSION

「どんどん走ってくけど、従来のこういうコンセプトのボードとは走っていく場所が全然違う。もっとより波の懐に入れる。よりスピードを出せるし、よりアクションもできる。いろいろな場面で“より”というのを感じさせてくれます。形はクラシックっぽいんだけど新鮮な感じ。往年のラインをぶっ壊してくれる。レールを傾けたときに、フィンがきっちり効いてくれます。抜ける感覚はいっさいない。でも効きすぎて重いというもないから、そこがいい。抜けがいいので。ミッドレングスなのでもちろんセンターも使える。独特なレールが効いてくれて、ちょっとしたトリムの動きでも前から後ろにボードが滑ってくれるような感触があるんですよね。その加速を使って、掘れたところではカービングターン、波が緩くなればピボットターンができる。シェイパーが若いからだと思うんですが、昔の型だけにとらわれないで、サーフィンはもっとアグレッシブで、もっと自由でいいということをすごく感じさせてもらいました」

 

波のポケットでのスピード感が抜群。サイドフィンやシェイプのアレンジによってスリップしないので、掘れた波でも安心感がある

 

高速グライドをするだけでなく、コントロール性も高いのがハーレーピンのすばらしい点。これまでのサーフボードの概念をいい意味で壊してくれる

 

ターンでボードをどれだけ傾けてもスピードとコントロールを失わない。そして緩いセクションでも走る。つまり遊べる波の幅が広い

 

=Special Thanks=

スタンダードストア
0466-84-1789
https://surfmarket.jp/brand/trimcraft/

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Pak Ok Sun
text:Jun Takahashi

BLUE. 96

2022年11月10日発売

サーファー、食にふれる

2022年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

Impression

KATSU KAWAMINAMI Boogie 6’0″

KATSU KAWAMINAMI

Surfside House

#018 – サーフなお家の実例集

自然志向と共鳴する家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag