menu

Impression

McCALLUM Gypsy Fish 5’8″

McCALLUM
Gypsy Fish

シェイパー名:ジェフ・マッカラム
サイズ:5’8″ × 21 1/4″ × 2 1/2″ 
価格:¥250,000〜(オンフィン)
ライダー:高貫佑麻(177㎝/64kg)

伝統と革新が詰まった由緒正しきフィッシュ。ボードサイズは5’0″〜7’6″までと幅広く、カスタムオーダーであればアウトラインやレールをアレンジすることもできる。美しいグラッシングはスーパーウルフによるものだ
ウッドのキールフィンをグラスオン。木目の美しさがフォイルのよさ、そして高い機能性を物語る

ジェフ・マッカラムが地元コロラドから大学に通うためにサンディエゴに移住したのは18歳のころ。ほどなくしてサーフィンと運命的な出会いを果たしたマッカラムは、サーフィンを始めると同時にシェイピングを覚えたいと思い、クリス・クリステンソンの工場を訪ねた。それからというもの、昼間は掃除やランチの手配など工場の雑用をこなし、夜になるとクリスのシェイプルームを借りて独学でシェイピングを繰り返す日々を送るように。気づけば、マッカラムはすべての工程をこなすプロのサーフボードビルダーへと成長していた。

エッグやフィッシュ、ミニシモンズなど、サーフボードビルディングの歴史が深いサンディエゴにおける伝統的なボードデザインを独自の解釈で洗練させてきたマッカラム。さらにダラービルマーク、チャイムデッキというブランドのアイコンとなるデザインを生み出し、カラーリングの芸術性を追求。今やシーンを代表するサーフボードビルダーとして唯一無二の存在感を放っている。

今回試乗したのはマッカラムを代表するモデルのひとつ、ジプシーフィッシュ。サンディエゴの伝統的なデザインを踏襲しつつも、ひと目でマッカラムとわかるチャイムデッキを施すなどモダンなアレンジしてある。そのバランスは絶妙で、クラシックで重厚なフィーリングと操作性の高さを併せ持つ。ほかのボードではけっして味わうことができないドライブ&フローをぜひ体感してほしい。

IMPRESSION

「『ジプシーフィッシュ』という名前を聞いたときに、いろんな場所で乗れるボードなのかなとピンと来ました。まさにその通りで、すごく乗りやすいフィッシュです。クセがなくて、波が掘れたりよれてたりしても機能してくれます。ちょっと絞り気味なテールのおかげなのか、アクションが軽快でした。フィッシュはバックサイドが乗りにくいことが多いんですが、このフィッシュはバックサイドでも乗りやすくて驚きました。フロントサイドもバックサイドもトップへの上がりがよくて、ボトムでも粘れてしっかり踏み込んだらターンが伸びてくれる。キレのあるターンもできるし、しっかりレールを入れて伸ばしていくカットバックもできてしまいます。どんな波でも使えるので、トリップ行くとなったらぜったい持っていくタイプのボードですね」

アウトライン、レール、ボトムなどあらゆるカーブをモダンにアレンジしてあるジプシーフィッシュは見た目以上に操作性が高い
ポケットでも爆発的なスピードも大きな持ち味。サンディエゴフィッシュの伝統を感じられる瞬間だ
幅広いコンディションに対応するデザインで、掘れた波へのクイックなアプローチも可能にしてくれる
バックサイドの操作性の高さも特筆すべき点。マッカラムならではのドライブ&フローを感じながら、気持ちよくラインを描けてしまう

=Special Thanks=

ニューエボリューションサーフ
03-3841-1826
www.new-evolution.jp

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Pak Ok Sun
text:Jun Takahashi

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

Impression

Y.U SURF CLASSIC Arcana 7’2″

Y.U SURF CLASSIC

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag