menu

Impression

ALEX LOPEZ Single R.P 6’2″

ALEX LOPEZ
Single R.P

◎Shaper:アレックス・ロペス
◎Size:6’2″ × 20 1/2″ × 2 1/2″
◎Price:¥266,000〜(フィンなし)
◎Surfer:高貫佑麻(177㎝/64kg)

ローロッカーにローレール、フラットデッキ、イーグルノーズといった伝統的なデザインを踏襲しながらもアレックス流にリファインしてある’70sスタイルのシングルフィン 。ボードサイズは6’0″〜7’10″までオーダー可能だ
美しいバランスのラウンドピンテールにセットするフィンはやや立ち気味のデザインがおすすめ。クラシックかつモダンなフィーリングを味わえる

ハワイ・マウイ島に生まれ、オレゴンで育ったアレックス・ロペスは、幼い頃から家族でサーフィンを楽しみながらスノーボードに没頭。プロスノーボーダーとして活躍していた。しかし偉大な父ジェリー・ロペスの影響は大きく、やがてサーフィンにより熱中するように。さらに父の手ほどきを受けてサーフボードシェイピングに目覚め、受け継いだDNAを開花させている。

正統派な雰囲気を持ちつつ、あきらかにオルタナティブなセンスが光るアレックス・ロペスのサーフボード。アレックスはオレゴンでシェイピングの腕を磨いていたが、サーフィンとサーフボードビルドを追求するためにカリフォルニアへ3年ほど前に移住。念願のシェイプルームを構えた。そうしてサーフインダストリーの中心にいる同世代のサーファーやクラフツマンたちとのリレーションシップを広げ、インスパイアされたイメージから新たなデザインを生み出している。

アレックスによるラウンドピンテールのシングルフィンはひとことで言えば「温故知新」。よどみなくつながる美しいライン、柔軟でありながらメリハリのあるシェイプは父親譲りだが、随所にモダンな意匠を凝らしてある。よりマニューバーを意識したカーブに加え、テールエリアがシャープにフォイルされているため、スピードに乗ったままスムーズなターンが可能。絶妙なレングスも魅力のひとつで、同様のサイズレンジの新たな領域を見せてくれること間違いない。

IMPRESSION

「まずパドリングがすごく速い。6’2″の速さじゃありません。フラットデッキでたしかに浮力もあるんですが、それだけじゃない。たぶんロッカーのバランスによるものだと思います。掘れたところからアプローチしたときに、リップと一緒にボトムに落ちるのではなくて、ボードがポケットに自分から入ってくれる感じがありました。足が追いつかないぐらい滑り出しがよかったです。そしてアウトラインやコンケーブ、ロッカーバランスだったり、すべての線が美しくつながってるところが印象的でした。ボトムに降りて、フワーっと上に上がって、上でとくに何をするでもなくまたボトムに向かって、それを繰り返して大きくカットバックしてというライディングのイメージ。あまり力を入れずに乗りたい。グラッシーなきれいなフェイスを、きれいにラインをつないでいくようなサーフィンがしたいなと思わされるボードでした」

波が導く方向へボードを合わせれば、自然とスピードに乗っていく。途切れないラインを持つ無駄のないシェイプが成せる技
滑り出しが速いのでトップでも落ち着いていられる。力まずに、波に合わせることを心がけて乗りたいデザインのボードだ
シングルフィンながらモダンなフォルムを持つので、キレのあるカービングも気持ちいい。波に乗るシンプルな楽しみを与えてくれる1本だ

=Special Thanks=

ベイシック・プラスチック
0467-75-5474

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Pak Ok Sun
text:Jun Takahashi

BLUE. 101

2024年3月8日発売

仕事とサーフィン、みんなのバランス

2024年3月8日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

Impression

KEYO International 9’6″

KEYO

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag