menu

Impression

ACSHAPE Bat 9’4″

ACSHAPE
Bat

◎Shaper:新井康彦
◎Size:9’4″ × 22 3/4″ × 3″
◎Price:¥220,200(フィンなし)
◎Surfer:吉田 “チャボ” 泰(173㎝/65㎏)

特殊な形状の同モデル作るためにオリジナルデザインのブランクスを使用。幅広のバットテールは驚異的なスピードに加え、操作性と安定性を兼ね備えている。カスタムオーダーをすれば、とことんライダーに合わせたチューンナップが可能だ
今回テストしたボードにはスタンダードストアのオリジナルフィン、クラフトマンの10.5インチを推奨。ボードの性能を最大限に引き出すために、同じモデルでも1本1本のボードに合わせておすすめのフィンを提案してもらえる

新井康彦がシェイプを始めたきっかけは、好奇心からオークションサイトでブランクスを手に入れたこと。自宅のキッチンでシェイピングをし、ベランダでグラッシングしたファーストシェイプのボードに乗ってみると、思いのほか調子がよかった。それからというもの、新井は波に乗りながら試行錯誤を重ねていく。そうして12年もの間さまざまなサーフボードファクトリーを渡り歩きながら、シェイプから仕上げまで、サーフボードビルディングにおけるすべての工程の腕を磨いてきた。

「一人一人に合わせたカスタムメイドサーフボード」をコンセプトに掲げ、新井が2005年に創業したブランドがACシェイプだ。新井が作るすべてのサーフボードに共通するのは、圧倒的なスピード。ボードと乗り手のスタイルに合わせながらプレーニングポジションを明確に定め、浮力がもっともあり、接水面がもっとも平らなパートを作る。それにより高速滑走を可能にしているのだ。そのためにサーファーそれぞれの個性に真摯に向き合うことを信条とし、つねに乗り手にとって最高の1本を生み出している。

ユニークな形状のワイドテールを持つバットは、見た目からは想像できないほどオールラウンドなロングボード。滑り出しが速くスムーズなため、ファーストアクションが起こしやすく、ターンやカットバックを軽快に行える。そしてスピードが出るほどコウモリのようにキレのある動きが可能で、波のジューシースポットを逃さない。また従来のロングボードのボトムデザインとは一線を画す、ノーズに行った際に加速を生むVパネルも大きな特徴だ。ノーズライディングの際にはホールドされたテールがシャープに水を切り、桁違いのスピードを体感できる。

IMPRESSION

「9’4″という長さのわりに全体の幅があり、テール幅も厚みも十分にあったので、ボートに乗ってるような安心感があります。ノーズに行ったときにも安定していて、バットテールのボリュームが邪魔をしないでいい具合にハマる。思ったよりもホールドしてくれて、ノーズにいながらスピード調整もできました。ターンはひとクセあるように感じます。でもしばらく乗り続ければターンの性能も引き出せるはず。テール幅やボリュームに対してのフィンセッティングが大事なんでしょうね。とはいえ『このコンディションじゃなきゃダメ』と限定されるような扱いづらいじゃじゃ馬ではなく、もっとオールラウンドに使える。ノーズ一辺倒でもないし、ターン一辺倒でもない。奇抜に見えますが、たしかに調子がいいという感覚が最初からあるので入り込みやすいです。人と違う特徴を持ってサーフィンしてみたいとか、このボードでノーズライドをやってみたいとなれば、ほかにはないスタイルになると思いますね」

バットの最大の特徴は、ボードをプレーニングさせることで得られるスピード。波のポケットでのトリムは最高に気持ちいい瞬間
超ワイドテールでありながら、ターンの操作性もしっかりと考え抜かれている。「まずはストールと荷重を繰り返すような乗り方で慣らしていきたいですね」
ノーズでの安定感はご覧の通り。「テールの幅と形のバランスが絶妙なんだと思います。パワーのないビーチブレイクでも合わせやすかった」
「左右のテールがハーフムーンのようにえぐれているからか、幅のわりにコントロールがしやすいです。いろんな波で、いろんなユーザーが楽しめるイメージがありました」

=Special Thanks=

ACファクトリー
090-4922-8129
www.acshape.com

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Chihiro Hashimoto
text:Jun Takahashi

BLUE. 100

2023年11月10日発売

[通巻100号記念特集] 100人のサーフ観

2023年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

Impression

KEYO International 9’6″

KEYO

Surfside House

#024 – サーフなお家の実例集

湘南心地にひたる家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag