menu

Impression

CHANNEL ISLANDS CI Log 9’3″

CHANNEL ISLANDS
CI Log

◎Shaper:ウェイン・リッチ
◎Size:9’3″ × 22 7/8″ × 3″
◎Price:¥336,000(フィンなし)
◎Surfer:浜瀬海(166㎝/59㎏)

ワイデストポイントをやや後方に持ってきたバランスのいいアウトライン。ノーズライドの安定感を生む、先端を切り落としたブラントノーズが目を引く。ボードサイズは9’0″・9’3″・9’6″・9’9″・10’0″の5つから選択可能だ
フィンは、シェイパーのウェイン・リッチによって専用にデザインされたCI LOGフィン9.5インチを推奨。安定したノーズライドとともに、テールに乗った際の反応のよさと驚異的なドライブを可能にする

チャネル・アイランズ・サーフボードの創業は1969年。アル・メリックと妻のテリーが、アルの両親から借りた$200ドルで材料を購入し、カリフォルニア・カーペンテリアにある実家の車庫で初めてのサーフボードをつくったことが始まりだ。以降、トム・カレンやケリー・スレーター、ロブ・マチャド、デーン・レイノルズといったトッププロサーファーたちのサーフボードを半世紀以上にわたって手掛けてきたことはあまりにも有名な話。そうして今では、世界でもっともワールドタイトル獲得数が多いトップサーフボードメーカーとなった。

アルの息子であるブリット・メリックは、サンタバーバラのビーチのすぐそばにあるサーフボードファクトリーでブランクスのあいだをよちよち歩きし、シェイピングルームの掃き掃除をしながら大きくなった。そして1990年、父であるアル・メリックのもとでサーフボードのシェイピングを始める。それから30年以上を経た現在、チャネル・アイランズ・サーフボードのヘッドシェイパー兼デザイナーに成長。父から継承したクラフツマンシップを守りながら、世界中の一流のサーファーとタッグを組んでハイパフォーマンスサーフボードのデザインを手掛けている。

近年、ブリット率いるチャネル・アイランズ・サーフボードは、ミッドレングスやロングボードを開発するにあたりデヴォン・ハワードとタッグを組んでいる。さらにジョエル・チューダーのボードをシェイプすることでも知られるレジェンダリーシェイパー、ウェイン・リッチとともにR&Dを繰り返し、満を持して発表したロングボードがCI ログだ。トラディショナルなログの大きな特徴であるエッジレスレールはそのままに、テールエリアのレールの先端を低く設定してスピードとドライブ性、操作性を向上させた。またポケットでのクリティカルなノーズライディングを考慮し、ノーズを狭目に設計。そのうえ先端部を切り落としたブラントノーズにすることにより、しっかりと両足でハングできる面積も保っている。カリフォルニアに脈々と受け継がれる伝統的なログをモダンにアップデート。その高いポテンシャルは、数々のクリップでCIログに乗るデヴォンのサーフィンを見れば一目瞭然だろう。

IMPRESSION

「第一印象は、ピッグっぽいと思いました。テール、トリムスポット、ノーズと3つのパートにしっかりと分かれたメリハリのあるシェイプ。ボードバランスがテール寄りにあるので、基本はテールでバランスをとりながら、掘れてきたセクションでいっきにノーズに行くようなボードです。ポケットにハマった瞬間、ノーズに行ったときのカチッとハマる感覚がすごくよかった。でもターンも楽しいし、トリムしたときのグライド感も味わえる。いろんな要素がバランスよく入っていますね。ターンのバリエーションをつけられるから、フェイスが広くて長い波で乗ってみたいです。やや軽めの仕上がりなので、脚力があまり強くない人や女性にもおすすめ。ボードのポテンシャルを活かすことができる中級〜上級者の方にもぜひ乗ってみてもらいたいです」

乗り方のコツは、テールライドを意識すること。ターンでボードをとりまわし、ポケットを見つけてノーズライドを目指す
ボードの中央からややノーズ寄りがスピードに乗るためのトリムスポット。シェイプにメリハリがあるので、コントロールの判断がしやすい
「ノーズライドやウォーキングのときに安定感があります」という言葉どおりのハングテン
シングルフィンながらパフォーマンス性も抜群。アウトライン、ロッカー、レールのフォイル、ボトム形状とあらゆるパートに老舗チャネル・アイランズの粋を集めた最新のトラディショナルログだ

=Special Thanks=

マニューバーライン
☎03-5245-3113
https://cisurfboards.jp

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Ryo Shimizu
text:Jun Takahashi

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Topic

image

スタッフ募集のお知らせ。Blue.より

Article

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

Impression

CHANNEL ISLANDS CI Log 9’3″

CHANNEL ISLANDS

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag