menu

Impression

MITSVEN Mini Glider Bonzer 8’4″

MITSVEN
Mini Glider Bonzer

◎Shaper:ボブ・ミツベン
◎Size:8’4″ × 22 1/4″ × 2 7/8″
◎Surfer:齋藤久元(173㎝/69㎏)

名匠ボブ・ミツベンのミニグライダーはコンピューターシェイプかと見紛うほど完璧で美しいカーブを備えている。その見た目どおり、乗り心地はこのうえなくスムースでスピーディーだ
ボンザー仕様なため操作性も高い。極上のグライド感を損なわないように、センターフィンは小さめがおすすめ。今回はトゥルーアムスのボンザーフィン、6.0インチを装着した

1966年、地元のサンディエゴにて11歳のときにサーフィンを始めたボブ・ミツベン。サーフボードづくりの聖地に生まれ育ち、サーフィンに心酔していたボブは、1972年に自然な成り行きでシェイピングキャリアのスタートする。やがて彼の手によるきめ細やかな仕上がりのサーフボードはサーファーたちの評判を呼ぶように。1988年にオフィシャルブランドを設立する運びとなる。そうして今や50年以上という長いシェイプ歴を誇るボブ・ミツベンは、サンディエゴきっての名匠のひとりとなった。

ショートボード、フィッシュ、ミッドレングス、ロングボード、ガンなどあらゆるデザインにおけるボブのハンドシェイプはまさに芸術。その美しく隙のないサーフボードを求めるカスタマーはあとを絶たない。ファクトリーが隣同士というスキップ・フライとの交流が深く、スキップ本人からテンプレートを受け継いでいることからもボブの凄腕がうかがい知れる。そして、プロサーファーやライダーによる宣伝活動をせずとも「ミツベン」の名を世界中に知らしめていることこそが、ボブのサーフボードの高い完成度の証明だ。

今回試乗したのは、サンディエゴの定番モデルと言えるスキップ・フライのデザインをミツベンがファインチューンしたミニグライダー。オリジナルの魅力を最大限に活かしつつも、よりユーザーフレンドリーなあつかいやすい乗り味に仕上げてある。ダウンレールとロールドボトム、滑らかなコンケーブがが生み出す極上のグライド感とフローが大きな特徴で、フェイスを駆け抜けるスピードは快感のひとこと。トライフィンボンザーのフィンセッティングなのでドライブの効いたターンも可能だ。

IMPRESSION

「すごく加速がよくて、波のトロいセクションでもぐんぐん押し出してしてくれます。そして、サイドバイトがついたボンザー仕様でしっかり深めのコンケーブが入ってるので、立ってからのファーストターンがすごく気持ちよかったです。細かくテールでコントロールするというよりは、ボトムまで直滑降して、そのスピードで大きく上がって孤を描くようなライディングがしたいボードです。フェイスが広ければ広いほど性能が発揮されると思います。ポイントノーズなので、パワーがある波で乗ってもよさそうですね。テイクオフから深いターンをして、チューブに入るような。そこまでのポテンシャルもあるし、今日みたいなメローなゆったりした波でもドライブを楽しめる。走りもいいし、しっかりした長さがあるので初心者の人にもオススメできます。そんなに重くないので、女性や体重が軽い方でも操作できるはずです。もちろん上手なサーファーにとってもすごくいい。海外にどれ持ってくか迷ったときに頼りになるような、オールマイティーなボードだと感じました」

なんといってもポケットでのスムースな走りがこのミニグライダーの持ち味。あらゆるサーファーを気持ちよくさせてくれる
「8’4″の長さは全然感じなかったです。7’4″ぐらいの感覚」というほど操作性も高い。大きな弧を描くターンはとても滑らかだ
十分な長さがあるのでウォーキングも楽しめる。その間もスピードが止まることはなく、優雅な乗り心地が持続する
テールにエッジの効いたボンザーセッティングがアクションを支える。「そのうえかなり先端が細いピンテールなので、テールエンドを踏み込めばターンの角度をつけられます。ボードが大きく浮力があるけれど、見た目よりももう1テンポ上げられる」

=Special Thanks=

ニューエボリューションサーフ
03-3841-1826
www.new-evolution.jp

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Junji Kumano
text:Jun Takahashi

BLUE. 100

2023年11月10日発売

[通巻100号記念特集] 100人のサーフ観

2023年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

特別映像:『BIG SKY LIMITED』ジャパンツアー / アンドリュー・キッドマンが日本を巡り、見せた素顔

Impression

KEYO International 9’6″

KEYO

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag