menu

Surfside-house

#014 – サーフなお家の実例集

#014 – サーフなお家の実例集
(特注の大きな木製のスライドドアからは海からの眩い光が一日中差し込む。ナチュラルさとデザインされたインテリアのミクスチャーがよく似合うリビング)
 
 
 
 
情緒あふれる佐島の湾を臨むホテルのような白亜の家。
自社ブランドの展示場として、また社員のアネックスとしての利用を考えた
この建物は、ホテルさながら大人数での暮らしを想定して設計された。
通常の住まいと違う視点で、その工夫を見ていこう。
 
 
 ***
 
 
 
 

#014

小さなホテルのような家
神奈川・横須賀

 

 

 

大きな木製のスライドドアに白亜の外壁。

 

屋内外双方からアクセスできる、サンシェードセイルたなびくデッキからは、碧い空を映し出す凪いだ湾に浮かんだ小舟が見える。

 

まるでヨーロッパの見知らぬ土地の小さなホテルに迷い込んだかのようだ。

 

(デッキやリビングなどゲストが集まる場所は大人数でも快適に過ごせる広めの空間に仕上げてある。海外の海沿いさながらの風景!)
(建物のエントランス部分。陽が落ちると建物やパームツリーがライトアップされてリゾート感が増してくる)

 

この建物は、LED照明に関する企画・演出・製造などを手がけるX-ECOというブランドを切り盛りする高須氏がオーナー。

 

経営者である氏は、別事業でX-CABINと名付けたオリジナル キャンピングトレーラーの製造・販売も手がけている。

敷地内にはそのプロトタイプが置かれ、陽が落ち始めるとセンサーによってLEDに照らされた敷地全体が浮かび上がる設計だ。

 

なるほどこの場所は、ここを訪れるお客さまに両ブランドを見て、聞いて、体感してもらうための展示場として、またくわえて社員たちが余暇を過ごすためのアネックスとして、その両方の役割を担っている。
今後はふたつのブランドと関わりのあるさまざまな人びとが行き交う場として機能させる予定だという。

 

そういったわけで、一般的な住宅に比べてあらゆる面で大人数を想定した空間のつくりになっている。

 

(玄関扉前のポーチは外壁の白壁とは対照的な無垢材を使った演出を施してある。要所での素材の切り替えが空間に豊かさを生む。奥の階段はアウトドアデッキへと続いている)

 

「僕がみんなでワイワイやるのが好きなのもあって、キッチン、リビング、アウトドアデッキと、この建物のどこにいても15人規模で余裕を持って集える空間をいくつも確保したんです」

 

コンセプトならびに大枠の設計を高須氏が描き、スターホームが実地の建築設計に落とし込んだ。

 

佐島の海を臨む2階のLDKでは、広いキッチンを使ってみんなで料理をし、完成したお皿を前にゲスト全員の顔が見渡せる大きく長いテーブルを囲む。そんな豊かな時間がイメージソースだ。

 

(玄関ホールの吹き抜け。階段を上ると二階のLDKへと続く。奥の扉はゲストや高須氏たちのベッドルームへの入口。私用・共用スペースがうまく分かれている)

 

「もうひとつ工夫したところは、家族でも、カップルでも、またひとりであっても、あらゆる立場の人びとが快適に宿泊できる就寝スペースを設けたことです」

 

2階の一室と1階の二室はそれぞれツインや2ストーリーのベッドが複数置かれ、訪れた人びとの構成人数によって寝室を最適に割り振れるようになっている。

 

1階の高須氏ご夫妻の主寝室には専用のトイレやバスルームが設えられており、ゲスト用には別のお風呂や洗面がしっかり用意されている。なのでお互い気兼ねなくプライベートタイムも過ごせるのだ。

 

(高須氏ご夫妻が宿泊の際に使う主寝室は船室のような雰囲気。専用のバス、トイレ、パウダールームも完備。東京への出張時にもよく利用する)
(アーティストが描いた絵画かと思いきや某メゾンの壁紙だという。木枠を使って額装のように演出。インテリアのヒントに)

 

さらにはここが展示場というだけあって、もちろん外のキャンピングトレーラーもゲストルームのひとつとして数えられており、実際にお試し就寝もできる。

 

「トレーラーは3人までが横になれる設計なので、希望があれば寝室として使ってもらっています」

 

目の前の道路を挟んですぐはビーチ。非日常的空間で、潮騒のなか微睡むのも悪くない。

 

(敷地に入ってすぐのところで高須氏が手がけるキャンピングトレーラー“X-CABIN”を展示。アルミボディの美しい曲線は日本の匠が成せる技。興味が湧いたらぜひお問い合わせを)
(モダンさとナチュラルさのバランスが絶妙なリビングのインテリア。センスの良さが滲み出る)

 

 

若かりし頃からずっと海を愛してやまない高須氏。

身体の状態もあってサーフィンからは遠ざかったが、いまでもSUPやカヤックに興じ、船舶での航海も楽しんでいる。

 

この場所を選んだのも、敷地からほんの数歩で海へとアクセスできるという、氏なりの利便性に対する考え方からだ。

 

「本社機能がある名古屋のオフィスも港湾からすぐの水辺に在って、桟橋に船を停めてあります。ここ佐島にもすぐそこにマリーナがあるので、やろうと思えば僕にとってはドアtoドアの環境だったりするんです。いいでしょ?」

 

なるほど。
部屋のインテリアやディテールに船を思わせるイメージが感じられたり、また実際に船舶で使われるような部材や素材が要所で使われているのも頷ける。

 

訪れる人びとがワクワクできるこのアネックス。
船に乗った気分でマインドトリップして欲しい。

 

 

***

 

DATA

種別:注文住宅
構造・規模:木造在来工法2階建て
敷地:195.92㎡(59.2坪)
建築:90.26㎡(27.3坪)
延床:140.15㎡(42.39坪)
設計:スターホーム

 

 

(夜の帳が下り始めると浮かび上がる、光のプロが演出する白亜の建物。「このまま朝まで過ごしたい」と熱望させるような美しさ)

(オーナーの高須氏。LED照明関連企業の顧問を務める)

 

 

 

【この家を手がけた会社】

スターホーム
www.star-home.co.jp

 

 

 

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag