menu

Surfside-house

#023 – サーフなお家の実例集

#023 – サーフなお家の実例集

ひと口にサーファーといっても、LAやNYに代表される通り、さまざまなカルチャーやそのエッジから得られる刺激を求める都会派も多いことだろう。
そんな志向の読者におすすめしたいアーバンな住まいとライフスタイルのイメージをここにご紹介。

***

#023

都市をベースに暮らす家
埼玉・さいたま

玄関の白壁はお気に入りのアートを飾るのにもってこいのスペース

ビーチフロントのナチュラルな癒しと、都市のエッジーな刺激や利便性。その両方を享受したいなら、サーファーが街に暮らすという選択は大いに賛同できる。

特に東京圏は、出会えるさまざまなカルチャーの質と規模、加えて得られる波の豊富さは群を抜いている。そして、そんなライフスタイルに似合う住まいもまた存在している。

チャコールグレーのシックな外観は最近女性にこそ人気上昇。屋根は北向きに流れているが斜度を緩くしてあり、のちに太陽光パネルが設置できる仕様だ
玄関土間からアクセスできるボードロッカー。3帖あるので他の遊び道具もたっぷりストック可能。使い勝手を考慮して“見せる”収納に。シティサーファーズ・スタイル ハウスのアイデンティティ的空間

ボンドホームが手がけるシティサーファーズ・スタイル ハウスの特徴は、玄関を入ってすぐのボードロッカー、玄関脇のカバードポーチになったチャットスペース、そして屋内からスムーズにつながるアウターリビングの存在だろう。

郊外と比べて敷地面積が限られる都市部の住宅地。数々のクイーバーと季節ごとのウエットスーツほか、サーフギアのすべてを整理しておけるスペースがあれば、どんなに利用価値が高いことか。

しかも駐車スペースにもダイレクトにつながっていれば、家族がまだ眠りについている夜明け前でも物音を気にせず出かけて行けるし、“どこかにぶつけて家やサーフボードを壊してしまった”なんていう失敗もなくなる。

玄関先のカバードポーチにはちょっとしたチャットスペースが。海帰りに立ち寄ってくれた仲間との会話も弾みそうだ。駐車スペースはスタンダードな大きさの車なら2台停めることが可能

海から帰ってきたら、玄関脇のカバードポーチで、仲間とその日良かった波の余韻にひたろう。

そして徐々に話しのボルテージが高まり、家主がお気に入りのビールの栓を抜く音がしたら、それぞれの家族を呼んでいつものBBQタイムに突入だ。

家屋が密接する住宅地にあってプライベートを保てる目隠し壁面。縦目のサイディングがフェンスのようで圧迫感も少ない。アウターリビングを満喫しよう
二階はダイニングキッチンからリビング、アウターリビングへとフラットにつながる計27帖。天井の高さとカラーの切り替えで、外へ向かってより空間が広がるような視覚効果も

会場は、二階の18帖あるリビング&キッチンと、そこからひと続きにつながる9帖のアウターリビング。

立った目線の先まで設えた壁面は、こちらからの物音と、近隣からの目線双方を遮ってくれるので、ホテルのようなプライベート感。屋内のリビングとアウターリビングのあいだに段差はなく、ストレスなく直感的に屋内外を行き来できる。

また開口部のサッシが大きいので、たとえドアを閉め切ったままでいても室内空間の奥行きは消えないままで、常に開放感を感じていられる。

センスよく高次元でまとめられたダイニングキッチン。色彩の統一感も秀逸だ

女性目線で見てみると、心にくいのはキッチンの造り。法で定められているレンジフードの高さを基準に、ペンダントライトや吊り戸棚の位置を少し低めに設定してある。

そうすることで使い勝手はもとより、空間自体のルックスや、キッチンよりも天井高を上げたリビングとのバランスは抜群に良くなる。

キッチンは、リビングと並ぶ住空間のもうひとつの本塁。そこに立つ家族の心を満たすためにも抜かりない方がいい。

1.5帖のワークスペース。空間を凝縮したピリッとした空気感で、オンへのスイッチも入れやすそう

もうひとつ、自宅でのテレワークが一部定着し、シティサーファーズ・スタイル ハウスでもデフォルトになったのが小さなワークルームの存在だ。

縦長で奥行きのある空間は、ゆったりとしたリビングとは対照的に、その場の空気感もピリリ。

暮らしのフロアから3段上がった高さのところにあるのだが、このちょっとしたステップが空間に変化を生むのと同時に、気持ちを自然と切り替える。

ワークスペースにはステップを介してアクセス。このちょっとしたフロアの高低差の変化がオンとオフ、緊張感と開放感の境界となる。こんな工夫も住まい手の心の内を捉えた設計と言っていい

「建ぺい率や容積率がとてもシビアな都市部の物件にあって、現代のサーファーが望むライフスタイルをどれだけ取り込めるか。例えば、以前と比べ、まだまだ海外などに出かけづらい状況が続いている昨今、リゾートやホテルに変わってサーファーの心に栄養を与えてくれる場所が、自分の暮らしにいちばん近いマイホームであって欲しいと願っています。僕自身が都市部から海へと通うサーファーだからこそ共感してもらえる部分があると思うんです」

これはボンドホーム代表・菊地氏の言葉。

今後も都市サーファーのライフスタイルに寄り添った住まいのかたちを“Surf & Home Connection”と銘打って展開していく予定だ。近々、埼玉や千葉などの内陸のサーフショップでお目見えする予定なので、界隈の読者はぜひチェックして欲しい。

***

DATA

種別:建売住宅
構造:木造在来工法2階建て
敷地:112.61㎡(34.06坪)
建築:62.93㎡(19.04坪)
延床:106.67㎡(32.20坪)
設計:ボンドホーム

駐車スペースの脇にある芝生の小スペース。ウエットスーツを洗って干したり、サーフボードをワックスオフしたり。DIYの作業場としても使える

【この家を手がけた会社】

ボンドホーム
www.bond-home.com

photo◎Yuichi Toida(Blue.) text◎Isao Negishi(KUJIKA)

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

【特別求人企画】手を取り合う地域医療とサーフィン。徳島県阿南市・海陽町

【特別求人企画】手を取り合う地域医療とサーフィン。徳島県阿南市・海陽町

Impression

ALEX LOPEZ  Fish 5’6″

ALEX LOPEZ

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag