Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

SUN WAVE One Track Line Silky 7’2″

posted Nov 16, 2021

 

SUN WAVE
One Track Line Silky

◎Shaper:山崎市朗
◎Size:7’2″ ×21″×2 11/16″
◎Price:¥183.700〜(フィンなし)
◎Surfer:吉川共久(173㎝/70kg)

 

程よい長さで波のキャッチが楽々。ドルフィンができるくらいのボリューム感とバランスのとれたシェイプにより操作性も抜群だ

 

今回はツインスタビライザー仕様でテストライド。さまざまなフィンセッティングで乗り味を変えられる点も嬉しい

 

 

サンウェーブは1970年半ばにCHP創業者の中村一己がCHPサーフボードの前身としてスタートさせたブランド。ショートボード一辺倒の時代となった’80年前半にはCHPサーフボードに移行したが、その後’90年後半にロングボード、オルタナティブボードを専門に扱うブランドとして復活。老舗サーフボードメーカーの歴史とノウハウを注ぎ込んだクラシックかつ最先端のサーフボードを提供している。

同ブランドのシェイパー山崎市朗はサーフボード作りの世界だけではなく、サーファーとして長年に渡り日本のサーフシーンで活躍する存在。’70年後半から’80年前半に日本初期のプロサーファーとして活躍するとともにシェイピングの道へ。そして’90年代半ばに故グレッグ・ノールにシェイプの腕を認められたことをきっかけにCHPのゲストシェイパーになる。プロサーキットを離れてからもコンペシーンでの活動も継続。幾度となく獲得しているNSA全日本大会ロングボードクラスでの優勝をはじめ、数々のNSA公認大会にて入賞を果たしているレジェンドサーファー&シェイパーだ。

山崎市朗と吉川共久プロのコラボレーションによるサンウェーブのシグネチャーシリーズ、ワントラックラインのなかで唯一のミッドレングス・モデルがこのシルキー。スピードに乗ったテイクオフからの安定感、そして名前の通りの滑らかなマニューバビリティが持ち味だ。ボードの基本性能が高いうえにさまざまフィンセッティングが可能なので、ビーチやリーフなどブレイクの質を問わず、膝サイズからオーバーヘッドの波まで幅広いコンディションで楽しめる。吉川プロがデザインとテストを繰り返し、山崎市朗が熟練のシェイプで仕上げたあらゆるサーファーを笑顔にしてくれる1本だ。

 

 

IMPRESSION

「ひとことで言えばイージーです。イージーキャッチ、イージードライブ、イージーフロー。それを叶えてくれるのがこのボード。波のキャッチが楽で、操作も楽で、ゲッティングアウトも楽。週末しかサーフィンをしない方だったり、小さな波でもスピード感を楽しみたいという人に適したデザインです。とはいえ、サイズやパワーのある波でも楽しめる。後ろ足に荷重したときにターンがしっかり伸びてくれるので、掘れた波でドライブさせる気持ちよさも持ち合わせています。フィンセッティングでいろいろ調整できるのもおもしろいところ。シングルフィンが好きな人がパワフルな波で使うときはスタビライザーをつけてもいいでしょうし、ツインフィンにしてルースなフィーリングを味わうもよし。乗り方のコツとしては、レールサーフィンを意識すること。エッジを効かせながらロングターンを楽しんでもらいたいですね」

 

シルクのように滑らかな感触を味わえるナチュラルなシェイプ。スピードに乗ったときの気持ちよさは長さのあるミッドレングスならでは!

 

テールエリアの操作性のよさもシルキーの特徴。ドライブ感とフローのあるターンで波を乗りつなぐことができる

 

程よいボリュームなので、際どいセクションでもコントロールしやすい。いろいろな波で楽しめる汎用性の高いモデルだ

 

=Special Thanks=

カルホルニア ハワイ プロモーション
0475-42-4626
http://www.chp.surf

 

***

 

movie:Masataka Kiyono
photo:Ryo Uchiyama
text:Jun Takahashi


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.