menu

Impression

GARY HANEL Bonzer Egg 6’3″

GARY HANEL
Bonzer Egg

◎Shaper:ゲイリー・ハネル
◎Size:6’3″ × 20 7/8″ × 2 9/16″   
◎Price:¥169.000(フィンなし)
◎Surfer:劔持良輔(166㎝/66kg)

カリフォルニアのエッグにしてはやや細身の印象からも想像できるように、マニューバー性能の高さが大きな持ち味だ。ボードサイズは5’5″〜8’6″までオーダー可能

 

ボンザーフィンの王道、トゥルーエイムスの6.75インチをセット。爆発的なスピードの秘密はキャンベル直伝のボンザーシステムにある

 

 カリフォルニア州エンシニータスのクラフツマン、ゲイリー・ハネルの経歴は異彩を放つ。数学の教師として勤めながら、北サンディエゴのガレージでシェイピングのキャリアをスタート。長らく教壇に立つ傍ら、ムーンライトグラッシングやリップカール、ウェイン・リンチのもとでシェイプを続けてきたのだ。彼が師事をしたのはウェイン・リンチ、ビル・シュロスビー、ダン・ヴァン・ザンテンといったサーフィン史に名を残した銘工ばかり。そうして本質を追求していったゲイリーが生みだすプロダクトは、カリフォルニアの名だたるサーフショップでおのずと認められるようになっていった。

 教師引退後の現在、ゲイリーは自身の名を冠したレーベルを立ち上げシェイプに専念している。フルハンドによるていねいな仕事ぶりからも伺えるようにアートへの感心も高く、サーフアーティストとして有名なアンディ・デイビスとは20年ほど前からともに制作をする仲。「ゲイリー・ハネル」のロゴデザインはアンディによるものだ。

 ゲーリーの定番としてラインナップしているエッグは、あらゆるレベルのサーファーが満足しうるデザインだ。ハイスピードとスムーズなコントロールを生む適度なエントリーロッカーを持ち、けっして厚すぎないレールには絶妙なエッジをトッピング。かつてマルコム・キャンベルから直々に教わったというボンザーシステムが独自の水流を発生させ、ターン時にまるでモンスターエンジンを搭載しているかのような爆発的な加速を実現する。

 

IMPRESSION

「1発目に乗って立った瞬間、『こいつはショートボードライクな感じで行けるんじゃね?』と思いました。ボンザーだから絶対にルースしないし、前足から後ろ足に踏めば踏むほどボトムのスロットにたまった水がバーっと後ろに出てくれて、ボトムからトップの上がりがめちゃくちゃキレキレでした。これだけフィンがついてるのに、以外と重くない。ノーズの振りも軽いです。テイクオフもかなり調子よく、ゲイリーさんの絶妙なロッカーによって刺さらずにいいところから行けます。ふだんハイパフォーマンスショートボードに乗っていて、『こういうボードに興味あるんだけど、重いの嫌なんだよな』みたいな人にマッチするボードだと思います。刺さらないし、速いし、爆発力もあるし、動きも軽くていい。押しがあって巻き上る河口のような波で乗ってみたいですね」

 

ボンザーは踏み込むほどに加速する。しっかりとターンすることを意識したいパフォーマンス性の高いエッグだ

 

滑らかなロッカーとアウトラインによって緩いセクションでもスピードが止まらない。どちらかといえばパワフルな波で真価を発揮するデザインだが、日常の波でも生きる機能性を併せ持つ

 

トップのキレもご覧の通り。スピードに乗りやすく比較的軽量なため、ボトムでしっかり踏み込めば自然とトップアクションも決まる

 

=Special Thanks=

スタンダードストア
0466-84-1789
https://surfmarket.jp/brand/gh/

***

movie:Masataka Kiyono
photo:Pak Ok Sun
text:Jun Takahashi

BLUE. 96

2022年11月10日発売

サーファー、食にふれる

2022年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

Impression

KATSU KAWAMINAMI Boogie 6’0″

KATSU KAWAMINAMI

Surfside House

#018 – サーフなお家の実例集

自然志向と共鳴する家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag