menu

Pick up

Blue Surf Club/目次とデータ

Blue Surf Club/目次とデータ

年々増えていく体重、不摂生を代弁する血液検査の結果。腰痛に首痛。そしてなにより、低下する運動能力。40代になり、心機一転「からだを作り直す」と決めたBlue.編集長の日々。目指すは「40代で、20代当時の自分を越える」こと。そう、ライバルは自分です。あ、サーフィンに関する濃いお話は誌面にて。

INDEX

https://www.blue-mag.com/tag/blue-surf-club/

◎DATA(2018年10月 → 現在)

身長:179cm
体重:78 → 67kg (#001
体脂肪率:20 → 12-13%(#004
BMI:24.03→ 20.91
毎月の走行距離:150~200km
毎月の走行日数:15~20日(波次第)
走る時間帯:朝です(#005
サーフィン:波があったら最優先
筋トレ:あえてしません(#009
食事制限:してません(食を我慢するくらいなら走ります)

※定期的に更新していきます

bsc_1200blog

◎Plofile

トイダユウイチ/「Blue.」編集長。1977年生まれ。湘南在住。一児の父。2006年に現「HONEY」編集長の林芳史と共にBlue.を立ち上げ。以後、サーフィンが趣味なのか仕事なのか分からない日々です。守備範囲は5’9”のフィッシュ~9’6”のシングルフィン。 40代になり「鏡に映るこのショボい体は、本当に年齢による衰えのせいなのか? 不摂生のせいじゃないのか?」と、2018年に突然走り始める(もちろんサーフィンは同時進行)。波がない日は地形チェックがてら、驚速のおじいちゃんに追い抜かれながら海沿いをよちよち走ってます。3年走り続けたら趣味って言うぞ。

※追記:2021年10月に3年がたち、2022年10月に4年がたちました。 続けてみると、趣味というよりライフスタイルに近いかも。そのへんもサーフィンと走ることはよく似てます。

2019_BlueToida

BLUE. 96

2022年11月10日発売

サーファー、食にふれる

2022年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

Impression

KATSU KAWAMINAMI Boogie 6’0″

KATSU KAWAMINAMI

Surfside House

#018 – サーフなお家の実例集

自然志向と共鳴する家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag