menu

Pick up

オープンしたてのオッシュマンズ仙台店を、細川哲夫プロと巡ってみよう

オープンしたてのオッシュマンズ仙台店を、細川哲夫プロと巡ってみよう

サーフにキャンプ、ヨガやランニング、それにフィットネスまで。

首都圏のアクティブなBlue.読者のみなさんなら、きっと一度はお世話になっているであろうオッシュマンズ。カラフルで上質なウェアやギアのラインナップに、購入する予定のアイテムがなくたって、ついついお店に足を運んでしまうこと度々だ。

「初めてウエットスーツを買ったのは、確かオッシュマンズだったんだよね」

サーフィンを始めたばかりのそんな思い出を語る人たちも結構多くいると聞く、首都圏サーファー御用達のアウトドアセレクトなのだが、昨年あたりから日本全国津々浦々、破竹の勢いで出店ラッシュが続いている。で、今回は、東北エリアで初めての出店。

というわけで、オッシュマンズ 仙台店が、4.22(土)にめでたくグランドオープンした!

仙台といえば、牛タン、伊達政宗……いやいや、日本が誇るビーチブレイク、仙台新港の波だろう。みなさんがこの記事を読んでいる頃には、これから5月にエルサルバドルで行われるパリ・オリンピック2024の代表選考も兼ねたISAワールドサーフィンゲームスへの出場権をかけたジャパンオープンの結果が出ているはずだ。

パリ・オリンピックのサーフィン会場は、かのタヒチ・チョープー。日本での選考もそれに勝るとも劣らない場所で行われるのがふさわしく、選手たちもまた望むところだろう。新港の波を大切にしてきたローカルのみなさんと運営関係各位の英断に、日本のサーフカルチャー発展を望むものとして、この場を借りて大きな敬意を表したい。

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

【特別求人企画】手を取り合う地域医療とサーフィン。徳島県阿南市・海陽町

【特別求人企画】手を取り合う地域医療とサーフィン。徳島県阿南市・海陽町

Impression

ALEX LOPEZ  Fish 5’6″

ALEX LOPEZ

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag