menu

Diary

Surf fill style from California #07

Surf fill style from California #07

Happy New Year 2023!
カリフォルニアより、スタイリストのKazueです。
2023年が皆さまにとってすばらしい一年になりますように。

私は最近(といっても2022年の出来事ですが)またひとつ夢を叶えることができました。それは、カリフォルニアでトミー・ゲレロのライブに行く、という長年の夢♪ hahaha.

ジャンルを問わずさまざまな音楽を楽しんでいる私ですが、結局いつもここに落ち着きます。とくにアルバム “A LITTLE BIT SOMTHIN” の ‘For Trk Samba’ が大好きで、今でも毎日のように聞いています。心地良いアコギの音色♪ まさにWave〜、波に乗っているような心地よさを感じ、なんとも幸せな気持ちにさせてくれます。

リリースを調べたら、なんと2000年。当時はレコードで聴いていて、かすれたような音と深みがなんとも♪ だったのを思い出します。しかし22年も前からこの曲を聞いてるなんて! しかもまったく飽きることもなく。名曲は永遠ですね。

ちなみにサーフムービーの傑作『Sprout』のサントラもサイコーで、こちらに収録されているトミー・ゲレロのギターが素晴らしい♪

当時は諦めかけていたカリフォルニアへの移住ですが、今こうしてスケートボードに乗りながらカリフォルニアのビーチ沿いでこの曲を聴いてるなんて、なんだか信じられません。諦めなくてよかった。皆さんも心の声に従ってみてくださいね♪ 自分自身に、そしてすべてに感謝です。

そんな想いを胸に、ベニスとロングビーチ、2回も彼のライブに行ってきました。しかもライブにはマニー・マークが特別参加♪ Oh.. なんてスペシャル!

さて、そんな私が今回紹介するのは、6月にサンタモニカにできたニュータイプのクールなサーフショップ『2-3FAIR』のファウンダーのひとりであるLukeです。
ショップの詳細や店名の由来など、詳しくはBlue.97号(2023年3月発売号)でご紹介するのでお楽しみに♪

右がLuke。『2-3 FAIR』の共同ファウンダーStevieと

ショップには音楽関係の仕事もこなすLuke(しかも元プロサーファー)がセレクトしたセンスあるレコードも販売されています。彼のスタイルは’80sのニューウェーブ/ポストパンク。 Cool!!

ウルフカットもお似合いで、リングなどの小物使いまでトータルコーディネートのセンスはさすがです。ウエストサイドのゆるめなサーファーファッションとはまたちがい、イーストサイドのサーファーに多く見られるスタイル。ショップのオープニング・レセプションには、そんなイーストサイドのファッショナブルなサーファーたちもたくさん集まっていました。

Lukeは友人が作ったお気に入りの服が見つかると、しばらくは制服のように毎日着ちゃうそうです。そんなこだわりも素敵ですね。

出身はオーストラリアで、かつてはプロサーファーとしても活躍していたLuke。現在はお店以外にも音楽雑誌を発刊したり、DJをしたりと大忙し。

おっと、あまり書きすぎてしまうと誌面を読む楽しみが薄れてしまいますね。この辺にしておきましょう。

皆さんも、心地いい音の波も楽しんでください♪

Thank u Luke!

Luke Cheadle

@lukecheadle
Co-founder and owner of 2-3 FAIR and Brand Manager at XLR8R Magazine, a music publication.

■本日のコーディネート
いつも友人のブランドを着ている。

■最近お気に入りのボード
Dead Kooks 6’11” Aphex

■最近お気に入りのブランド
Offen Music, Osare Editions, and ESP Institute(すべてレコードレーベル)

■お気に入りのショップ
2-3 FAIR
「レコード、アート、ブック、サーフギアでいっぱいのショップだよ。カリフォルニアへ来たらぜひ寄ってね!(Luke)」

■お気に入りのサーフポイント
Lennox Head(Australia)


Kazue Mizushima

ハイファッションからビーチカジュアルまで、そしてメディアやショー、映画、ミュージックビデオ、女優のスタイリングまで、幅広いフィールドで活躍するファッション・スタイリスト。ビーチカルチャー好きが高じて愛してやまないカリフォルニアへ移住。その魅力を伝えていくことがライフワークのひとつ。
http://www.kazuemizushima.com/
intagram: @kazuemizushima

BLUE. 96

2022年11月10日発売

サーファー、食にふれる

2022年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

持続可能な綿花農業を支援する「C4」とアウターノウンの取り組み

Impression

KATSU KAWAMINAMI Boogie 6’0″

KATSU KAWAMINAMI

Surfside House

#018 – サーフなお家の実例集

自然志向と共鳴する家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag