menu

Article

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

天才たちが蒔いた種は
カルチャーをつくり人生を変えた

「オープニングのバハ・カリフォルニアの完璧なレギュラーブレイク。『世界にはこんな波が存在するんだ』って度肝を抜かれました」

東京・世田谷でカリフォルニアをベースとしたサーフカルチャーを発信する、ブライン。1990年後半から2000年代にかけてリリースされた作品はほぼチェックしたと話す、ストアマネージャー吉岡さんのベスト・サーフフィルムは『ザ・シードリング』だ。ショートボーダー×パンクロックがメインストリームの時代。ジョエル・チューダー、デヴォン・ハワード、デーン・ピーターソンといったロガーを16ミリフィルムで撮影し、トミー・ゲレロやレイ・バービーなどのゆるい音楽を採用。この革新的なサーフフィルムとの出会いが吉岡さんの将来を決定づけることとなる。

「当時、サーフィン=スラスターだったんだけど、ザ・シードリングを観てすぐにミッドレングス、ロングボードに乗り始めた。この作品があったからこそ、いまの自分があるといってもいいくらいだし、カルチャー視点でいえばシングルフィンログやオルタナティブボードの普及に大きな影響を与えた。シードリングは実生という意味を持つけれど、20年の時を経て世界の海でしっかり花開いているよね」

吉岡さんがおすすめするサーフフィルム

NO.1 THE SEEDLING

ワイキキビーチでロングボード、パイプラインでガン、ウィンダンシーでミッドレングスを自由自在に操るジョエル・ チューダーの姿はサーフィンの多様性を切り開いた。現代のサーフシーンに多大な影響を与えたベストシーンのひとつといえるだろう。「どんな波、どんなボードでも同じように波に乗るジョエルを観て衝撃を受けた。“本物のサーファー”とはなにか? その答えを教えてもらった」

監督:トーマス・キャンベル 1999年/ 63分

NO.2 ENDLESS SUMMER

「終わりなき夏を追いかけるというサーファーのすべてを凝縮した作品。ロバート・オーガストとマイク・ヒンソンのサーフスキルにも注目です」。サーフフィルムの金字塔をNO.2にチョイス

監督:ブルース・ブラウン 1966年/93分

NO.3 BIG WEDNESDAY

「カッコよさって時間が証明してくれる」と吉岡さん。シングルフィンログを手にし、トランクス1枚でビッグウェーブに挑む3人の青年。半世紀の時を経てもなお、彼らのスタイルは色褪せない

監督:ジョン・ミリアス 1978年/119分

NO.4 CRYSTAL VOYAGER

ジョージ・グリノーがまだ見ぬ波を求め、船をつくり旅をするドキュメンタリームービー。グリノーが撮影したチューブの映像とピンクフロイドの「Echoes」との融合は世界的評価を得ている

監督:デヴィッド・エルフィック 1972年/79分

番外編 紅の豚

「ポルコ・ロッソを観ていると、男のあり方を思い出させてくれる。 何百回も観ているから、いいところでDVDが飛ぶのよ。テレビでやるって聞いたときは、仕事を早く切り上げて帰路につきました(笑)」

監督:宮崎駿 1992年/93分

よしおか まさはる/1972年生まれ。静岡県出身。1995年に株式会社オッシュマンズ・ジャパンに入社し、サーフィンにのめり込む。ショップスタッフ、バイヤー、マーケッターとして活躍したのち、2015年、ブラインをオープンさせる。自らセレクトした高感度なギアを通して外遊びの魅力を伝えている

(Blue.93「BEST SURF FILMS」より抜粋)

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Topic

image

スタッフ募集のお知らせ。Blue.より

Article

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

Impression

CHANNEL ISLANDS CI Log 9’3″

CHANNEL ISLANDS

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag