menu

Diary

Surf & Music

Surf & Music

皆さまこんにちは!
Blue.編集部のトロ松です。
今号のサーフミュージック特集はご覧になっていただけましたか?
特集に出てきた「サーフパンクス」、気になった方も多いのではないでしょうか。
私も個人的に大好きなバンドです。

彼らのデビューは79年。
79年当時と言えばサーフカルチャーはプロサーフィンが確立してきたころ、
オーストラリアとハワイの名サーファーが日々競い合っていた時代です。
その頃カリフォルニアではひとつのアンチテーゼが誕生していました。
ZEPHYRチームのようなローカリズムの世界。“パンクス”の精神です。
サーファー特有の“アンチ”というベクトルから生まれたバンド「サーフパンクス」は、
「マイ・ビーチ!ゴー・ホーム!(俺たちの海だ、よそ者は来るな!)」と歌いました。

今聴いても観ても、モダンなバンドです。
せっかくなのでチェックしてみてください。
今号の特集は、こんな興味をそそられるバンドのオンパレードですよ!

Tropical Matsumura / Blue. magazine

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag