menu

Article

アーティストとしてのルーツと未来。アートイベント「テイク・ファイブ」開催のため来日したレジェンド、ハービー・フレッチャーにインタビュー

アーティストとしてのルーツと未来。アートイベント「テイク・ファイブ」開催のため来日したレジェンド、ハービー・フレッチャーにインタビュー

サーフシーンにその名を刻むリビングレジェンド、ハービー・フレッチャー。1960年代終盤からのショートボード革命によりロングボード人気が急落した時代に、その復権を叫んだスローガン、“The thrill is back!”はサーフィン史を代表する名文句だ。また、世界初のデッキパッド・ブランド「アストロデッキ」の立ち上げや、ジェットスキーを使ったトーインでのチャージなど、後のサーフィンの発展に与えた影響は計り知れない。

その一方で、ハービーにはアーティストとしての顔もある。これまでニューヨーク、パリ、ロンドンといったアートの本場でも個展を開き、その異才ぶりを発揮してきた。

そんな、サーファー、そしてアーティストとして長きにわたり輝かしいキャリアを築いてきたハービーが、2023年5月、アートイベント「テイク・ファイブ」の開催のために来日。会場となったロンハーマン千駄ヶ谷店「R」エントランスで、自身のアーティストとしてのルーツと未来、今回のアートイベントに込めた想いを語ってくれた。

***

――まず今回の来日の目的を教えてください。

一年ほど前からロンハーマンと構想を練ってきたアートイベント「テイク・ファイブ」の開催のために来日しました。久しぶりに日本に来たので、旧友に会ったり、宮崎へサーフトリップに行こうと思っています。

――待ちに待ったアートイベントですね。そもそも、アーティストとしての歩みはどのように始まったのですか?

17歳のころ、サーフフィルムの制作のためホビー・アルター、ブルース・ブラウンとサンセットビーチで同居していたんです。撮影とサーフィン以外はほとんどやることがなく、家や車、レコードジャケットにペインティングしていました。これがアートに目覚めるきっかけ。その後、カリフォルニアに戻ってハービー・フレッチャー・サーフボードとアストロデッキを創設し、サーフボードやデッキパッドの製作はもちろん、ブランド広告をつくったり、商業デザインを手掛けるようになりました。

――サーフィン同様、長きにわたってアートとも向き合ってきたのですね。

プロのアーティストとしての道を意識し始めたのは1997年ごろ。友人であったジュリアン・シュナーベルからプロとして活動していくための術を教わったことがターニング・ポイントでした。その後2002年に、彼の息子ヴィト・シュナーベル(ギャラリスト)が大きなアートイベントをセッティングしてくれて、本格的にアートの世界に入り始めました。彼のほかにも、アートの見方やコンセプトを理解するコツなどはロバート・ラウシェンバーグやサイ・トゥオンブリーに教わり、ジグマー・ポルケの作品からはとても影響を受けています。

――偉大なアーティストからの影響があったんですね。これまで磨き上げた感性を作品に落とし込み、アートシーンを賑わせ続けていますが、今回のアートイベントで展示・販売している24作品はどのようにセレクトされたのですか?

今回、“セピア”をテーマに作品をセレクトしました。過去に撮影した写真とサーフフィルムから一部のシーンを切り抜き、セピア加工を施しています。じつはこの手法は1970年代にサーファーズ・マガジンで働いていたときにアート・ブルーワーから教わった手法なんです。

――アート・ブルーワーといえば2022年に永眠されたサーフィン史を代表するレジェンド・フォトグラファー。言うなれば、サーフィンの歴史を凝縮した作品群ですね。アートイベントのタイトル「テイク・ファイブ」について、デイヴ・ブルーベックの楽曲名からとっていると伺いました。なぜこのタイトルにしたのですか?

テイク・ファイブはビックウェーブに挑む前によく聞いていた、思い入れのある一曲。そして自分の得意なハングファイブと響きが似ているので、タイトルにすることにしました。

――今回は写真を主とした構成になっています。半世紀以上サーフフォトを撮影し続けていますが、いまこの時代に、あなたが撮影したいと思えるサーファーはいますか?

フェリペ・トレド、ガブリエル・メディナ、ジョディー・スミスですね。もちろんグレイソン(クリスチャン・フレッチャーの息子でプロスケーター)とともに育ってきたジョン・ジョン・フローレンスや、以前アストロデッキでサポートしていたケリー・スレーターはいつだって撮影したい。そのほかにはめきめきと上達している、ネイサンの二人の息子ジェットソン(9歳)とレーザー(8歳)。彼らは間違いなくここ数年のうちにプロになるでしょう。

――それではサーファー、アーティストとして自己を確立するために、どんな努力をしていますか?

サーフィンあってのアートだし、サーフィンあってのクリエイティビティ。情熱を持ってサーフィンを続けることがいちばん大切。サーフィンが私の人生を彩ってくれています。

――今後どのような作品を見せていきたいですか?

ビーチには“色”が溢れている。そこからインスピレーションを得て、自分らしさを取り入れた作品を見せていきたいです。そしていま過去に撮影したフィルム写真をデジタル・アーカイブ化し、ひとつにまとめているんです。完成したら、ぜひ披露したいですね

***

ロンハーマン千駄ヶ谷店「R」エントランスおよびカフェフロアにて、ハービー・フレッチャーによるアートイベント『テイク・ファイブ』を開催中。24点の作品の展示・販売のほか、ハービー作のサーフショートフィルム上映やアートショーのために製作したオリジナルTシャツの販売も。こちらのTシャツはハービーが撮影した写真を大胆にプリントし、その写真にまつわる手書きのメッセージが施されている。全10パターンの豊富なバリエーションで、現在オンライン含む一部店舗でも購入可能だ。アートイベントの開催期間は6月19日(月)まで。ハービー・フレッチャーが生み出すクリエイティブな世界観に浸ってみてほしい。

TAKE FIVE | HERBIE FLETCHER
Presented by RHC Ron Herman

■開催期間:6月19日(月)まで
■場所:ロンハーマン 千駄ケ谷店 「 R 」 エントランス&カフェ フロア
■エントランスフリー

>>> https://rhc.ronherman.jp/

translation◎Yohey Yokoi
photo◎2023 Kanata

BLUE. 102

2024年5月10日発売

つぎは、ここに泊まろう

2024年5月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Topic

image

スタッフ募集のお知らせ。Blue.より

Article

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

OSHMAN’S×Blue.特別対談企画:ライアン・バーチのシェイプはどこがすごい?

Impression

CHANNEL ISLANDS CI Log 9’3″

CHANNEL ISLANDS

Surfside House

#027 – サーフなお家の実例集

自分の手で理想に近づける家

Tags

Read all tag

Pickup

Read more

Tags

Read all tag