menu

Pick up

RINCON / Blue. Select 2022-23FW

RINCON / Blue. Select 2022-23FW

多様なスタイルのサーファーが混在しながら、ひとつのカルチャーを形成している、カリフォルニア・リンコンポイントから着想を得て誕生したリンコン。サポートしているサーファーたちと共につくりあげるプロダクツは、どれも機能性に優れたオンリーワンの輝きを放っている。

#01
FREEDOM 2023
スラントジップをリンコン流にアップデート

(フロントはトップ画像参照)

海外ではメジャーなスラントジップ・システムを独自の解釈でアレンジ。開口範囲を肩まで広げ、簡易タイプの防水ネックと組み合わせたことで着脱がぐっと簡単に。胸から肩にかけて使われているミリタリー柄のラバー生地と、脇の下にポイント使いされたオリジナルのプリント柄が、お洒落サーファーの心をつかむオルタナティブな仕上がりに。上半身ラバー部分には速乾性と保温性に優れ、吸湿発熱効果をもつ素材『ドライサーモ』を使用。下半身ジャージ部分には伸縮性に富んだ『ラフテックス・アルファ』素材を用い、表裏の両面にチタン塗装を施すことで、冷気をはじいてスーツ内部の保温効果を高めてくれる。海水の浸入を防ぐためにブラインド・ステッチで仕立てられ、手首と足首には防水処理が施されている。機能面・デザイン面ともに優れたオールラウンドな一着だ。5×3mm/¥104.500

斜めにレイアウトされたストレッチ・ファスナー
開口範囲が広く、容易な着脱を可能にするフラップ内部の構造
アームホールの隙間を減らし防水性を高めるドローコード
ウエストの強度を高め、股からの浸水を防ぐシームテープ加工

#02
HIGH SHELL
極限の寒さに挑む寒冷地対応モデル

ロング・チェストジップとインナーネック・バリアーを組み合わせた、リンコンのなかでももっとも低い水温を想定して開発されたモデル(ドライスーツを除く)。毎年改良を重ねている自信作で、海水の入りにくいハイネック仕様に加え、袖口の簡易防水処理、ブーツを挟み込めるWアンクル仕様を標準装備。ブラインド・ステッチが採用された下半身内側の縫製箇所すべてに、浸水を防ぎ、耐久性を向上させるシームテープ加工を施すことで、極めて高い防水性を実現している。表地には冷気をシャット・アウトするラバーを多く採用し、内側には保温性抜群の高機能起毛素材を使用。ミリタリー柄のラバーとフラットスキン、メッシュスキンの組み合わせで、モノクロのグラデーションを表現した技ありなデザイン。右背中にはこのモデル限定の刺繍エンブレムが施されている。5×3mm/¥129.800

POINT

  1. ファスナー内にネック付きユニットを装備した、Wネック・バリアー構造が高い防水性を発揮
  2. 防水性と耐久性を高めるシームテープ加工を、下半身内側の縫製箇所すべてに採用
  3. ストレッチ・ファスナーの取り付けは、防水性を考慮して熱圧着加工で施されている

= FEATURE =

個々に役割をもつ多層構造により生まれる、抜群の保温力

高機能素材が積み重ねられた構造をもつ『ドライサーモ』。肌と接する面には、起毛と空気を含むマカロニ状繊維があり、ダウン・ジャケットのように温かな空気を内包した状態をつくりだす。中間レイヤーに配された吸水発熱繊維『エスパー・ブレス』の効果で、スーツ内部が温まり常に快適な状態を維持。その外側に水分を瞬時に吸水・拡散する吸水速乾層があることで、スーツ内部がすぐに乾く仕組みとなっている。

トシズマリン プロジェクト
☎046-234-3824
https://rinconwetsuits.com

photo◎Yuichi Toida(image)、Yasuhiro Yokosawa(still)
text◎Takuhiro Watanabe model◎Jeremy

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag