menu

Pick up

PATAGONIA / Blue. Select 2022-23FW

PATAGONIA / Blue. Select 2022-23FW

ネオプレンに代わる素材として、パタゴニアが『ユーレックス天然ラバー』を使ったウエットスーツを発表してから、今年で10年の節目を迎えた。機能性に優れたサステナブルな素材として、現在広く認識されているのは、品質向上のために費やしてきた長年の努力の賜物だ。

#01
MEN’S R4 YULEX FZ HOODED FULL SUIT
生産背景が物語る、パタゴニアの果たす役割

(フロントはトップ画像参照)

極寒の海で重宝するフード一体型のスラントジップ・モデル。首周りからの浸水が防げ、温かさを長時間キープできるのは一体型モデルならではのメリットだ。M字型のカットを背面に施すことで、この部分がワイドにストレッチし、運動性と着脱性が格段に向上。生地にはネオプレンを一切使わず、再生可能な『ユーレックス天然ラバー』85%、合成ラバー15%(ポリマー含量)からなる環境に配慮した素材を使用。縫製にはフェアトレード・ソーイングが採用されており、これは提携する工場が製造過程で安全かつ健全な労働条件の基準を満たしており、1着製造するごとに工場の従業員にプラスの賃金を支払い、持続的な生活向上に繋げている。環境面・社会面の両者で、持続可能性を大切にするパタゴニアの強い意志を感じることができる。この一着に秘められたストーリーを知れば、ウエットスーツに対する価値観が変わるはずだ。5.5×4mm/¥71.500

アシンメトリーなフラップ・システムが浸水を最小限に抑える
手首のマークは『ユーレックス天然ラバー』製である証
一体型のフードは、不要時は被らなくても邪魔にならない
フィッツロイ山脈を模ったグリップテープを手首の裏に採用

#02
MEN’S R3 YULEX FZ FULL SUIT
独自のライナーが生み出す快適な着心地

関節を圧迫したり可動域を狭めることのないよう開発されたカッティングが、サーファーのパフォーマンスを最大限に引き出す。生地には『ユーレックス天然ラバー』を用いたサスティナブルな素材を採用。腕と脚には高い伸縮性をもつ原料染めのリサイクル・ポリエステル・ジャージ100%の裏地、胴と腿には速乾性に優れ、柔軟性に富んだ温かなマイクロ・グリッドの裏地が付き、冷たい海にも耐えうる温かなつくりとなっている。フロントジップのフラップ部分にはドローコードが付いており、フィット感を調整することで浸水が抑えられる。改良を重ねたシームテープ加工を施すことで耐久性も向上。このモデルに限らず、昨年末から日本支社でパタゴニア製ウエットスーツのリペア受付をスタート。修理して長く愛用することで、環境への影響を抑えられる。4.5mm×3.5mm/¥63.800

POINT

  1. サーファーを温かく包み込む、速乾性と柔軟性に優れたマイクロ・グリッドの裏地
  2. M字型にカーブしたカットが背面に入ることでアクションも着脱もスムーズに
  3. 海水の浸入を防ぐ、フラップ部分に取り付けられたドローコード

= FEATURE

Tim Davis©2022 Patagonia, inc.

自然環境と調和する再生可能な素材『ユーレックス天然ラバー』

従来のネオプレンに勝るとも劣らない機能性を有す、再生可能な素材『ユーレックス天然ラバー』。原料に用いられる天然ラバーは、その生涯を通じて炭素を吸収するヘベアの木から生産されており、製造過程においてネオプレンに比べて最大80%の二酸化炭素を削減できる。用いられるヘベアの木は、パートナー・シップを組んでいる森林管理協議会との協力で、周囲の生態系に影響を及ぼさない農園からのみ調達している。

パタゴニア日本支社 カスタマーサービス
☎0800-8847-447
www.patagonia.jp

photo◎Yuichi Toida(image)、Yasuhiro Yokosawa(still)
text◎Takuhiro Watanabe model◎Jeremy

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag