menu

Diary

「THE CONVEX」#01 by 80PROJECT

「THE CONVEX」#01 by 80PROJECT

第1回:活かしきれていない地方の土地に夢を馳せる

すべての夢は想像からはじまる。……そんなコンセプトを掲げ、ガレージハウスや新築、店舗デザインなど多彩な空間プロデュースを手掛ける80プロジェクト。土地探し~デザイン~施工までをトータルで依頼できるのが同社の特徴だ。ある日、土地探しに奔走する代表の石川さんが魅力的な土地に出会った。地方に多々ある活かしきれていない土地を活用し、新しい夢を描けないか? その歩みをレポートする短期連載。題して「ザ・コンベックス」。

当地から海までは徒歩5分。波も豊富なエリアで、有料駐車場がないのでノーバディ! アドバイザーを請われた市東重明さん(写真)のホームである片貝エリアも車で10分ほど
今日は土地を見ながら80プロジェクト代表の石川さん、デザイナーの播田さん、ご存じ市東重明さんで今後の方向性についてトークセッション。そのイメージをイラストレーターのHirockshow(写真手前)がスケッチ。「湯舟はなしでいい?(播田さん)」に、3人は「絶対いるでしょ」と即却下(笑)

一等地にリゾートをつくるより
ストーリーやメッセージがある方がいい

市東重明(プロサーファー):わ、思っていた以上に広いね! 何坪?

石川(80プロジェクト 代表):200坪です。竹に覆われていたのを先日伐採して、僕らも全貌を把握したばかりです。

Blue.:図面の通り凸型ですね。入口が広く奥が細い。

播田(80プロジェクト デザイナー):建築に関わる身としては、こういう土地はならではの発想が湧いて面白いです。ましかくの方が自由すぎて、返って困っちゃう。

Blue. :そもそもなぜこの土地を?

石川 : もとは僕が個人で買った土地なんです。国産の中~大型バイクが購入できるくらいで。

Blue. :えー! 200坪でそれは安い……。一般の人でも十分手に入りますね。

石川 :はい。地方にはこういう土地がたくさんあるので、ひとつのモデルケースとして80プロジェクトでいい活かし方ができるのでは? と次第に思うようになって。

市東 :いいね。活かしきれていない土地、いっぱいあるもん。それが活性化に役立つのはいいと思う。なにより、すでに人気の土地にリゾート作ってもストーリーやメッセージは感じないよね。

土地は約200坪。奥に細くなる凸型の地形は難しいと思いきや「奥が見たくてワクワクする、そんな気持ちになってもらいたい」と80プロジェクト。さすがプロ

Blue. :具体的にはどう活用を?

石川 :今のところ、まずは1組限定の宿泊施設にしようかな、と。土地の条件的には可能です。ただ、それだけでは意味がないので、できれば地元の方々に喜んでもらえる使い方をしたい。地の食材が集まるマルシェやワークショップを開催できたり。サーファー目線ではシェイプ小屋も。そういうこともあり、僕のサーフィンの先生でありローカルヒーローの市東さんにお声がけしました。

市東 :シェイパーに直接オーダーできたり、削る姿を見れたら楽しいよね。一般の人はシェイプを生で見る機会もあまりないし。

 プロの手ほどきを受けながら自分のボードをシェイプできたりしたら、さらに夢が広がります。海までは徒歩5分。近隣にはサーフポイントもたくさんあるし、敷地内で焚火やBBQをやってもいいし、来てくれた方が一日めいっぱい楽しめるようにしたいです。夜間の騒音は絶対NGですが。

Blue. 寝床はどうするんですか?

石川 : 海外からひっぱってきた旧いトレーラーハウスをベッドルームに改装中です。あとは大きめのティピも設置したいですね。

播田  僕は藁を重ねた野外キッチンを作りたいんです。

市東  インドネシアで見たことあるかも! サウナもいいな。

Blue. : 楽しい妄想が尽きませんね。完成はいつですか?

石川できれば2022年中には……。

Blue. :館長は市東さん!?

市東 :俺が? じゃあ、まずは俺が住みたくならないとね。ハードル高いよ。Blue.となにかやろう。

Blue.望むところです。では、これをもってキックオフで!

この日集まったみんなの妄想をイラストレーターのHirockshowがスケッチ。凸型の土地にはモーターホームにサウナ、ボードファクトリーにファイアーピット……。最終的にどんな形で着地するかはわからない。でも、すべての夢は想像から始まるのだ。ちなみにタイトルの「ザ・コンベックス」は凸型の土地とハルボトムにあやかり命名。マニアック!

80(ハチマル)プロジェクト代表の石川さん。下の写真はデザイナーの播田さん。個人宅から商業デザインまでを手掛ける同社が、この土地をどう活かし、新しいつながりを生んでいくのか

(第2回につづく)

80PROJECT http://80-project.com/

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag