Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

Afends流、環境キャンペーン

posted Aug 6, 2015

 

バイロンベイ発のブランド、アフェンズのムービーです。その名も“Hemp Revolution”。ヘンプ畑の中にぽつりと作られたスケートランプを舞台に、アフェンズのライダーたちがビール片手に戯れています。

 


このムービーはアフェンズ流の環境キャンペーンの一環だそうで、最初に書いておきますと、舞台となったヘンプ畑は完全なる商業用で、合法的なもの。世間をお騒がせする類のものではないそうです(すべてオスとのこと。いろいろあるんですね)。

すでに日本でも多くのブランドが生地に取り入れていますが、ヘンプは環境への配慮を含め、さまざまな特性を備えています。

たとえば、
茎の皮は洋服の繊維に
茎の芯はエタノール燃料・プラスチック・建材に
種はヘンプフーズとして食品・食用油・石けん・化粧品に
葉は肥料・飼料・医療品に

そして、育てる事で土壌改良にもなるそうです。
(土中の重金属等の有害物質を吸い上げ、成長過程で光合成により無毒化)
また、CO2削減力は、森林の木々の5倍以上のCO2の吸収力があり、環境適応能力に非常に優れ、害虫等にも強い、とのこと。

 

すごいんですね。
僕もヘンプのTシャツを1枚持っていて、いつも肌触りがいいなとは思っていましたが、恥ずかしながら、ここまでの力を秘めているとは知りませんでした。

というわけで、そんなことを知ってもらうために、アフェンズはイメージムービー(教科書的なものではなく、あくまでも純粋にクールなもの。ここがスケーターらしい美徳)を制作し、ヘンプの力を伝える説明と共に配信しているようです。

 

撮影は、ブリスベンから内陸に1時間、Toowoomba (トゥウーンバ)という田舎の農場地帯にあるオーストラリア最大級のヘンプフィールド(ヘンプファーム)。
スケートランプはバイロンベイからトラック(車の後ろにつけて引っ張るやつ)で持ち込み、撮影当日に皆で設営したんですって。ライダーの中には、サーファーとしてもBlue.に登場してくれたジョシュ・スリープも入っていますね。
今後、アフェンズはエコの一環としてヘンプ素材の製品をリリースしていくとのこと。さて、どんなアイテムが仕上がるでしょうか。

 

こちらは上の映像にも出てくるジョシュ・スリープと、ルーク・スティックリーのサーフィン。シングルフィンでもこのライン!

アフェンズについてもっと詳しく知りたい方は、Blue.52号をご覧ください(^^)。

http://www.blue-mag.com/wp/magazine/surf-music-never-die%ef%bc%81/

写真 2015-08-06 14 51 19


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.