menu

Diary

勝手にサーフボード・アーカイブス #05

勝手にサーフボード・アーカイブス #05

ディスプレイスメント・ハルのデザインを継承するシェイパーであり、
ショートボード革命期のデザインを踏襲する
“トータル・インボルブメント”の展開でも知られる名匠、クラウス・ジョーンズ。
こちらはショートボード革命の扉を開けるきっかけとなった名作、
SPOONをオマージュした超個性派です。
SPOONと最も大きく異なるのは
すべてがフォームで出来ている=より浮力をもたせている点で、
サーファーの技量次第ではスタンドアップでのライディングも可能。
ストリンガーレスで、ボトムは完全なるコンベックス、フィンはもちろんフレックスです。
フェイスにぴたりと張り付きハイスピードで滑走するフィーリングは、
想像するに、無重力状態のゴーカートのよう?
ともかく、ハルの真骨頂であるスピードを最大限引き出しながらボードを操るには、
ニーボード・デザインが最も適しているのかもしれません。
ジョージ・グリーノーが1964年にヌーサで示したラインように。
ちなみにこちら、ただ今発売中のBlue.51号新春プレゼント企画にて掲載中。
フィンとセットで1名様にプレゼントします!
特別すぎるフィーリングを体感してみたい方、ぜひご応募を。Klaus Jones 5’5″×23″

BLUE. 96

2022年11月10日発売

サーファー、食にふれる

2022年11月10日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

心に残り続けるサーフフィルム/吉岡雅晴

Impression

KATSU KAWAMINAMI Boogie 6’0″

KATSU KAWAMINAMI

Surfside House

#018 – サーフなお家の実例集

自然志向と共鳴する家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag