BLUE. 60

2016年7月9日 / \1,157 + TAX

Go For It. 君は君の道を行け

“ゴー・フォー・イット”。サーファーたちに長く愛されてきた言葉。多くの場合、この台詞は勇気をともなう波と対峙したときに使われてきたけれど、私たちがハートを試される壁はなにも波だけじゃない。言葉も常識も通じない見知らぬ国へ旅するとき、次のステージを目指して環境や仕事の変化を求めるとき、夢と現実の狭間で揺れているとき。つまり、人生における何かしらの岐路に立たされたときだ。 行くべきか、とどまるべきか。その決断は人それぞれだけれど、今の自分を乗り越えるために、意を決して突っ込むべき瞬間があるのも...

backnumber

© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.