menu

Pick up

RIDE surf+sport 【Blue.リコメンドショップ 2022】

RIDE surf+sport 【Blue.リコメンドショップ 2022】

デモボード・テストセンター“enthu-縁数-”も始動

サーフィンの歴史の一部を刻んできたレジェンドシェイパーから才能溢れる新進気鋭の若手シェイパーまで、波に乗る気持ち良さを大いに体感できる機能性と趣を持ったサーフボードを多数紹介しているライド サーフ+スポーツ。店頭には常時、カリフォルニア、オーストラリア、ヨーロッパ、そして日本でビルドされたストックボードを数多く取り揃えている。

オーナーの柴田さんは、自身が興味を抱いたレーベルのサーフボードをモデルごとに丹念に乗り込んだ上で、シェイパーたちやファクトリーと密なコミュニケーションを取りながら、お客さまの要望をしっかりと取り込んだカスタムオーダーに定評がある。さらに、オルタナティブボードの乗り味を劇的に左右するセンターフィンの品揃えと知識が非常に豊富なのは、くわえて特筆すべきところ。

そして、サーフボード以外のアパレルやサーフグッズも厳選し、できる限りオーガニックかつリサイクル素材を使ってつくられた製品にこだわりセレクトしている。 

最新ニュースとしては、千葉一宮にデモボード・テストセンター“enthu-縁数-”をオープン。気になるライドのストックボードの一部をテストライドすることが可能となった。その後の購入には特典も付くそうなので、ニューボードを考えている読者は積極的に利用してみよう。

オーナーの柴田さんが手にしているのはエンシニータス発の気鋭レーベル Yoint の 5’6”キールフィッシュ。スピードと軽快なコントロール性が魅力
サーフィンをカルチャーとして捉えるショップであり、その知識は業界でも指折り。書籍や映像作品も豊富に取り揃えている。また、オルタナティブなサーフボードに最適なセンターフィンはシェイプ、サイズともにバリエーションに富んでいる。
ウエットスーツはアックス クラシックを中心に展開。ガールズサーファー御用達の可愛らしいスイムウェアやレインボーサンダルも充実
幅広なボードも出し入れしやすい末広がりのフォルムで、フィンをつけたままでも収納可能なボードソックス。優れた通気性でワックスが溶けず布に貼り付かないのが大きな魅力。ノーズ形状によって2型あり、カラー、レングスともに豊富
足場板をアップサイクルしたファサードも良い雰囲気

information

ライド サーフ+スポーツ

◎住所:東京都八王子市横山町1-13 小室ビル1F
◎TEL:042-656-1973
◎営業:平日13:00~19:00、土日祝12:00~18:00
◎休み:不定休

[取り扱いブランド一例]

Joshua Keogh、Ellis Ericson、Neal Purchase Jnr、Andrew Kidman、YU Surf Classic、Tappy Record、Thomas Surfboards、Ryan Lovelace、Mackie Designs、Morning Of The Earth Surfboards

www.ridesurf.com


text◎Isao Negishi(KUJIKA)

BLUE. 95

2022年9月9日発売

ミッドレングス再考

2022年9月9日発売

  1. アマゾンで購入

  2. 定期購読

  3. バックナンバー

Article

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

アウターノウンが目指すモダンさとタイムレスの両立

Impression

ELLIS ERICSON Hybrid Hull 7’6″

ELLIS ERICSON

Surfside House

#017 – サーフなお家の実例集

湘南らしさをまとう家

Pickup

Read more

Tags

Read all tag