Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

映画『X-ミッション』公開間近!

posted Feb 1, 2016

映画史上初!世界トップアスリートが前代未聞のノーCGで繰り広げる、最強MG(マジガチ)リアル・アクション映画。世界4大陸11ヶ国の秘境/絶景を舞台に、アドレナリン全開!ド肝抜かれまくりの未体験映像!爽快感100%!すべてが“極限”!今だかつてないスケールで繰り広げられるアクションサスペンス大作『X-ミッション』が、2月20日(土)に公開。

そしてこの度、一歩間違えれば死に直面するほどの巨大波と格闘する、超無謀スタントに挑んだプロサーファーたちの撮影メイキング映像が解禁。

本作で描かれているのは、“極限ミッション”。若きFBI捜査官ユタが潜入する謎のスポーツ・アスリート犯罪集団は、ある目的を果たすため8つの“極秘のミッション”を遂行。その1つが、10年に1度と言われる30メートルの波に挑むサーフィンです。

圧巻のサーフ・アクションが撮影されたのは、世界最大の波が来ることで有名なタヒチ島チョーポー。メイキングでは一流プロアスリートたちを集結させ、人を簡単に呑み込んでしまう巨大波が押し寄せる中、命がけで撮影している様子が確認できます。「サーフィンの真髄をつかんでいる映画はごくわずかなんだ。サーフィンの哲学をこの映画は捉える。」と語るのは、監修を務め本作にもゲスト出演を果たす、世界最高のビッグウェーバーであり、数々の伝説的な波を乗りこなしたレジェンドサーファー、レイアード・ハミルトン。映像では、世界最高の波で世界最強のサーファーが1つの波に2人で乗る危険かつ高難度の離れ業に挑戦しています。

キャストはもちろんのこと、荒れ狂う波に揺られながら船上や水中に潜ってスタンバイする撮影スタッフも超危険。ヘリコプター、ドローンなど多くの機材を使用し未知なる映像体験を可能とした貴重な舞台裏を収録しています。「海のパワーはすさまじく、雪崩並だったよ。体が2つに折れるパワーだ!」と当時を振り返るのは、サーフ・スタント・コーディネーターのブライアン・ケアウラナ。撮影時、ユタのスタントを担当したローレンス・“ローリー”・タウナーは、波に飲み込まれます。海底までまっすぐに落ちていったと話すタウナーは、「頭を打った後覚えていないんだ。気づいたらラグーンにいて・・・人生最悪の失敗だったけど、(生きていたことが)幸運だった。」とコメント。インタビューを受ける彼の顔を見ると、打撲の跡と擦り傷、そして首にはガーゼがあてられており、いかに大きなリスクを伴った撮影だったかが伝わります。


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.