Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

2009年7月10日発行
\880+TAX

SURF DESIGN

 耳慣れてる言葉だが、組み合わせると新鮮な響きがする“Surf Design”。今回は、サーフィンを「デザイン」の観点から捉えます。その巻頭は「Chronicles of the Craft」。ジョー・カレン、デーン・ピーターソン、クリス・デルモロ、ダン・マロイの4名がオーストラリアのシェイパー(トム・ウェグナー、ニール・パーチェスJr、DVS、デーン・トーマス)を訪ね、ボードデザインを探求しながら旅をします。途中でラスタやハリソン・ローチなどとも出会い、思わぬセッションが繰り広げられるのも彼らならではのスタイル。撮影を行ったジョー&デーンの目線はどこまでも秀逸です。続いてはデザインと切っても切り離せない、ボード特集「Surfboard History」。紀元前3000年から現代までのボードの変遷を年表形式で紹介。素材、アウトライン、フィン、歴史に残るマスターピース、実験的ボードなどを時系列で掲載。ほかにもアパレル、ポスター、アドバタイジング、ハンドプレーン、グリーンルームフェスティバルなどサーフィンとデザインの関係性を、様々な角度から切り取ります。  もうひとつの大特集が、弊誌主催で行われた「FISHFRY JAPANレポート」。来場者数1500名、参加ブランド50以上を記録したFISHFRY JAPANは、各国で行われるFISHFRYのうち最大、国内のサーフイベントのなかでも最大規模のイベントとなりました。参加したすべてのシェイパー、レーベル、ブランドを見れるのは弊誌のみ、必読です!

 その他、オルタナティブ・サーフショップ・ガイド、サーファーに似合うボトムス選び、手作りの生活やモノを集めたハンドクラフト特集、アルビー・ファルゾンに習う理想的なサーファーズ・ライフなどをピックアップ。一冊を読み終えたとき「Surf Design」が感じられる内容に仕上がっています。  また、前号からスタートしたショッピングサイト「Blue.SHOP」の第2弾アイテムが発表。すでに完売商品も続出しているBlue.SHOPだが、今回は新たに4カテゴリーを投入。非売品の1点モノは、レア度100%です。


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.