Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

2009年1月10日発行
\880+TAX

OUTLAW SURFER

 巻頭特集は「OUTLAW SUFER~時代に背いたヒーローたち~」。“サーファーとは元来アウトローな人種である”、アンドリュー・キッドマンが「孤独」というテーマでアウトロー・サーファーの姿を描き、デレク・ハインドがドラッグに破壊され続けるサーフィン界の悲劇を謳う。ビジュアルやファッションではなく、サーフィンの本質を追い求めるアウトローたち。バンカー・スプレケル、MP、グリノー、ドラ、トニー・アルバなど、8人のヒーローの生き様から“アウトロー”の真髄が見えてくる。
 続く第2特集では、’60年代後期におけるトランジションの主流「Hull」を総力取材。フィッシュボードと並び、今最も注目さているハルとは何か? Hullが生まれた歴史的背景から、デザインコンセプト、シェイパー、フィルマー、乗り手まで、これを読めばHullの全貌が明らかになるはず。
 その他の特集は、GENTEMSTICKを主宰する玉井太朗とオーストラリアのシェイパー、マイケル・マッキーによる「SURF×SNOW GENERATION」、世界で最も危険な国リベリア共和国を旅するドキュメンタリー・ムービー「Sliding Liberia」、九州・佐賀のサーフカルチャー「唐津宝暦」、CAに息衝く特異な血統者たちのグラフィティ「Kustom Kulture」などをピックアップ。


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.