Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM
  • お弁父

2018年3月30日発行
\1389+TAX

obentoA

それはパパから娘へ贈る、食育メッセージ

日の出とともにベッドから抜け出し、海へと繰り出すサーファーのパパ。かっこいいです。では、毎朝早起きして、娘のためにお弁当を作り続けるパパは、どうでしょう? きっと早朝から海へ行くよりもずっと、毎朝お弁当をこしらえ続けることの方が大変なんじゃないかなと思うんです。この一冊は、サーファーでありひとりのパパである著者・和田率が、小学生になる娘のためにお弁当を作る日々を記したパパ奮闘記。「今日から小学校はじまるね。はじめてのことは恐いだろうから、パパもお弁当に挑戦してみるよ。いっしょに頑張ろう」。42作あるお弁当ストーリーはここからはじまります。パパが作るから『お弁父』。紹介中のお弁父にはすべて、パパから娘へ贈るメッセージが添えられています。クスッと笑えたり、ハッとしたり、グッときたり。この本にはレシピもついているけれど、本当に伝えたいのはパパの気持ち。ママにもぜひ読んでほしい、パパなりの食育メッセージが詰まっています。「いろんなカタチ、いろんな色、いろんな性格が集まってるから楽しいんだ。学校だってそう。地球だってそう」。そんなふうに。

plof◎著者/和田 率(わだ りつ)

1979年生まれ。CMプランナーを経て、キッチン用品ブランド「remy」を立ち上げる。調理器具、食育アプリの開発に従事する傍ら、料理愛好家の母・平野レミから学んだ“雑うまレシピ”で、長女のお弁当づくりに勤しむ。準食学士。一男二女の父。妻は食育インストラクターの和田明日香。主な受賞歴に、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、人間工学グッドプラクティス賞ほか。趣味はサーフィン。


obentoA
obentoMain

© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.