Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

2021年11月10日発行
\1164+TAX

Living with Surfboards サーフボードのある暮らし

サーフボードは、サーファーのあり方を映す鏡。どんな波に、どんなサーフボードで、どう乗りたいか。自宅やガレージに並ぶクイーバーを見れば、その人のサーファーとしての人となりや価値観が伝わってくる。言い換えれば「波に乗る」という行為は、それくらいサーファーたちの生き方に大きな影響を与え、サーフボードという相棒に反映される、ということだ。しかも、困ったものでサーフボードというのは自分と同等、またはそれ以上に大きいから、置き方ひとつにしても工夫がいるし、持ち主のセンスやパーソナリティが透けて見えたりする。

というわけで、巻頭特集はBlue.が出会ってきた世界各国の個性あふれるサーファーたちの「サーフボードのある暮らし」を拝見! もしもこれをインテリア企画とするならば、こんなにサーフでマニアな視点のインテリア特集は、後にも先にも出てこないかと。でも、サーファーだったら気になるでしょう? 世界のサーファーたちが、どんなふうにサーフボードを家に置き、共生しているのか。手作りのラックやディスプレイのセンスも、ぜひ参考に!

.

特別付録は「RHC Ron Herman コラボカレンダー 2022」。世界で活躍する9名のフォトグラファーたちの写真とともに、最高の2022年をお過ごしください。


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.