Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

#009 – サーフなお家の実例集

posted Oct 4, 2021

(1940~’70年代のアメリカで一世を風靡したミッドセンチュリーの代表的な建築デザインを日本の敷地サイズや気候風土に合う設計に落とし込んだ)
 
 
 
 
サーフィンに仕事、家族とのつながりなど、
そこに住まう人のライフスタイルを映し出す鏡ともいうべき住まいの存在。
限られたスペースであっても想像力次第でその可能性は無限に広がっていく--
今回も“ならでは”の視点が盛り込まれた理想のマイホームを紹介しよう。
 
 
 ***
 
 
 
 

#009

世代を超えて愛される家
神奈川・鎌倉

 

 

 

限りなくフラットに近い緩斜のルーフと、軒先にまで張り出した太い構造材。そして軒下の切妻部分のガラス窓が大胆で開放的なルックスのこちらの建物は、デザインソースが手がける「HOLIDAY HOUSE®︎」。

1940~’70年代のアメリカで一世を風靡した「アイクラーホーム」の建築デザインをアレンジしながら、日本の敷地サイズや気候風土に合う設計に落とし込んだ企画住宅だ。

 

余談ではあるが、アイクラーホームとは、ジョセフ・アイクラーを中心としたハウスメーカーが当時多く手がけていた建売住宅、という位置づけにはあるが、ミッドセンチュリーの代表的なデザイン住宅として、いま人気が再燃。

現存するものは価値が上がっている。

 

(シンプルで美しいフォルムを持つジェルデ社のシーリングランプやミッドセンチュリーのデザインをオマージュしたシリンダーランプなどが標準装備)
(家の中央を貫くホールの一角を音響スペースに。規格外の空間で、使い方は住み手の想像次第)

 

「どうしても平家を手がけたかった」
と語るデザインソース小林さんの理想を詰め込んだ住まいに、施主の横山さんが呼応した。

 

「ウェブサイトに掲載されていた模型に一目惚れし、『ここの土地に建ちますか?』って相談しにいったのが始まりでしたね」

 

それに対して、小林さんはこう語る。

「実は横山さんが相談くださった土地物件は、奇しくも私たちが初のモデルハウスを建てようと計画を進めていた場所でもあったんです。
ですから、『もちろん可能です!』とふたつ返事でした」

 

こうしてお互いのイメージが見事にシンクロし、HOLIDAY HOUSE®︎第1号棟が横山邸として完成したのだ。

 

(主寝室は7畳余りの南側の明るい角部屋。目覚めも良さそう。ナラ材の細かな寄木をヘッドボードに用いた、クイーンサイズのマットレス付きベッドが標準装備)

 

エントランスは広めのカバードポーチになっていて、自転車などあまり雨ざらしにしたくないものもスッキリと収めておける。

玄関ドアをくぐると大判のタイルが貼られたホールが家屋の中央を貫く。

通常の家なら廊下という体裁に落ち着くが、その幅を広げ、リビングダイニングとの境界に仕切りを設けず空間を曖昧にすることで、半土間ともホールともいえる豊かで自由なスペースが生まれた。

 

(アメリカのモーテルのような、重厚で、どこかレイドバックしたデザインは、実はドアノブにあり)
(リビングダイニングの大空間はパシフィック ファーニチャー サービスの家具で彩られている。内観の白色は故意に微光沢の塗装で仕上げることで、DIYしたような温もりのある空間に変わる)

 

メインフロアであるLDKは、やはり仕切りのない20畳余りの大空間。

 

いちばんの特徴は“ヌーク”と呼ばれる三方を窓に囲まれたボックス型のスペースを、凸形状で壁面に設えたこと。
小林さんがHOLIDAY HOUSE®︎をデザインした際、もっとも心傾けた空間だ。

そのルックスはアメリカンダイナーの一角を思わせる囲われた空間で、落ち着いてPCや本に向き合ったり、ゆったりとコーヒーを嗜むのにも良さそうだ。

 

「外観からも、家のなかから見ても視覚的に大きな変化なので、違和感のないバランスを引き出すのに細心の注意を払いました」

 

そして、ここに置かれているテーブルをはじめ、ダイニングテーブルやチェア、リビングのソファやラグ、それにTVボードや照明に至るまで、HOLIDAY HOUSE®︎の家具の一切はパシフィック ファーニチャー サービスのものを採用している。

それらの家具が家の雰囲気とマッチして、空間に統一感とワンランク上の存在感を醸成する。

新居に似合う家具を自分たちですべてそろえてから入居するのは経済的にも時間的にも至難の技。最低限、基本的なインテリアが最初からコーディネートされているのは嬉しい限りだ。

 

(独創的な時間を与えてくれるブレックファースト ヌークはHOLIDAY HOUSE®︎の大きな特徴ある空間のひとつ)
(収納扉と吊り戸も同素材で統一し、清潔感のあるルックスに仕上げたL字型キッチン。アイランド作業台も設置され、調理もはかどりそう。さらにグローエのシャワーホース水栓やミーレの食洗機が標準装備で、主婦の憧れもしっかり叶えてくれている!)

 

そして奥様が気になるキッチンといえば、調理がはかどるアイランド作業台が付いた仕様。

その下部には調理用の小型家電などが収納可能で、キッチンの景観をクリーンに保てるところなどは主婦思いだ。

 

また、食器を洗う手間が省け、結果お財布にも優しい、憧れのミーレの食洗機がデフォルトで装備されているのは、さすが女性目線のデザイン。

 

さらに、キッチンと洗面台の扉のデザインを白いメラミンとダークウッドという素材で統一し、水回りの見え方を同じにしている。

そういったディテールにも腐心することで、内観全体をより大人らしい空間に創造しているところは、さすがのひと言だ。

 

(オリジナルの洗面化粧台はキッチンとおそろいのデザイン)
(ホールを挟んでリビングダイニングと反対側のスペースは、10畳のプライベートルーム。子供部屋や客間として使える。ドアが2つあるので部屋をふたつに仕切ることも可能)

 

元々はリタイアしたご夫婦がゆったりと住む平家をイメージしてつくったHOLIDAY HOUSE®︎だが、結果、その価値は普遍。

 

世代を超えて愛される家が生まれた。

 

 

***

 

DATA

種別:企画住宅
居住者構成:夫婦+こども2人
構造・規模:木造平屋建
敷地:241.40㎡(73.02坪)
建築:96.52㎡(29.19坪)
延床:84.40㎡(26.43坪)
設計:辻 充晋

 

 

(南向きの温かなカバードポーチでおやつを頬張る。HOLIDAY HOUSE®︎はささやかで幸せな時間をいつも住まい手に与えてくれる)
(HOLIDAY HOUSE®︎の頭文字が外観のエンブレムに)

 

 

 

【この家を手がけた会社】

デザインソース
www.design-source.jp

 

 

 


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.