Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

家を広く見せるポイントは、視覚効果を使うこと

posted May 28, 2019

77_Illust

TAKE OFF THE SUITS

~海でも街でもスーツは着ます~

by 9GATES

#8

(Blue. 77号/誌面連動コラム)

 

***

 

視覚が及ぼす空間の不思議

 

最高の季節ですね。先日クイックシルバーの最新ウエットスーツを作りに行ってきました。年々すごい技術進歩を遂げていて、サーフィンがより通年楽しめるスポーツになったことを肌で感じました。今回は住宅における視覚効果について。なぜ視覚効果というのか? それは制限がある都市部の住居において、天井を高く見せる、奥行きを作る、広く見せるなどの場合、テクニックを駆使した視覚の錯覚を利用することで、高い効果を得ることができるからです。

 

 

空間の魔術師は、光を巧みに操る

 

例えば、住宅で豊かさを感じたり、表現したりしやすい場所としては玄関があります。天高が取れるような一戸建てであれば良いのですが、高さに制限のあるマンションなどの場合、土間や廊下の足元を照らすことによって、より広く見せることができます。また、窓のテクニックでも書きましたが、一戸建てなどであれば天井にダミーの天窓を作ることで感覚的に高さを感じさせることもできます。さらに、廊下についてはアートを奥に向かって小さく飾っていくことで3D効果により奥行きを感じさせたり、同じ要領で壁紙も手前を濃い色にして、奥を明るい色にすることで立体感を出し、広く見せることができます。突き当たりに鏡を置くのも良い方法ですね。普段からコンパクトマンションをつくっている僕は、都心での暮らしに少しでも豊かさを感じられるよう、実際の面積よりも広く、 高く、長く感じることができる空間づくりを心がけています。実際にやってみると、家具を替えるだけでも大きな効果を得られますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

サーフィンが持つヒーリング作用

 

3月半ばからオアフ島に一週間程滞在し、ピースフルなサーフィンを満喫することができました。「ハワイに行くとよく眠れる」という話を聞きますが、よく眠ることができたり、穏やかな気持ちで過ごせたり、透明度と水温が高い絶景の中にいられる時間を考えると、サーフィンはヨガなどと同様に、マインドにとても影響するスポーツだということを改めて実感できました。サーフィンも日々の生活も穏やかに、ピースフルに過ごしたいものです。

 

 

face

持田 智之
株式会社9GATES 代表取締役
1976年福岡県生まれ。不動産業界でトップセールスマンとして活躍し、 2005年に上京。2009年に「9GATES」を設立。「劇的な生き方を」というミッションを旗印に掲げ、現在はマンション開発やリノベーション事業の他、ライフスタイルプロデュースなど、不動産というハードにとらわれない事業を展開している。趣味はサーフィン、トライアスロン、料理。

 

 

>>コラム第7回 匂いの効果を使えば懐かしのサーフトリップが蘇る


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.