Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

JOSH HALL Pointed Nose Egg Pintail Twin

posted Oct 11, 2015

_DSC5364
JOSH HALL
Pointed Nose Egg Pintail Twin
◎シェイパー:ジョシュ・ホール
◎ディメンション:6’3″×20 1/2″×2 9/16″
◎価格(新品):¥165,000+TAX
◎ライダー:市東重明pro(175cm/70Kg)
◎Photo:Kaoru Fujimoto
josh1
ジョシュ1

サンディエゴの次世代リーダーとして期待されるクラフツマン、ジョシュ・ホール。名匠スキップ・フライの愛弟子として伝統のサンディエゴシェイプを継承する男であることは、もはや日本でも有名な話。一方で、若くして会員数800人超のパシフィックビーチ・サーフクラブ理事長を務めるなど、地元サーファーからの支持はかなりのものだ。モデルは数多く、人気のフィッシュ・シモンズ、サンディエゴ・フィッシュ、イーグル、エッグのほか、スキップ・フライと考案したコラボモデルであるスコッシュなどが挙げられる。

今回はジョシュ・ホールが独自に生み出したニューモデル「ポインテッドノーズエッグ・ピンテールツイン」をご紹介。通常ラインナップしているポインテッドノーズエッグをピンテールのツインフィンにカスタムしたモデルで、薄めのダウンレイル&ピンテールの組み合わせ。より攻撃的なバランスを描いている。基本的にはパワーのある波を想定しているが、ノーズエリアにもしっかりとボリュームを与えているのでテイクオフが早く、ツインフィンと相まって非常によく動くので、コシ~ハラのコンパクトな波でもかっ飛ばせるだろう。
ジョシュ2

アウトラインは従来のポインテッドノーズエッグをピンテールにしただけに見えるが、大きな違いはボトム形状。ジョシュ・ホールのポインテッドノーズエッグはボトムがフラット~Veeなのに対し、こちらはシングル~リバースVeeにアレンジ。クラシックな仕様をモダナイズしたというわけだ。このボトムコントゥアーと後方へレイキングアングルをとったツインフィンの組み合わせが、このモデルを一気に個性派に仕立てている。全体のアウトラインは安定感抜群、レールやコンケーブの処理で切り替えしの早さなど操作性を高め、ツインフィンでルースな味付け。スピードに乗せるほど、ツインのルース感がたまらなく気持ちいいフィーリングを与えてくれるだろう。_DSC4993

 

★ IMPRESSION ★

ポインテッドノーズ・ピンテールツインを試乗してくれたのは市東重明プロ。腰前後のパワーのない波でも十分にライドができたが「本領発揮は肩~頭の波だろうね」と語った。アウトラインだけ見るとシングルフィンが一番しっくりきそうだが、これはあくまでもツインフィン。特徴であるフィン幅の狭さにより、「テイクオフした直後の乗り味はシングルフィン、アップス&ダウンで加速をはじめ、ターンのセクションでテールを踏み込んだ瞬間に“グイン”と回転しツインフィンの乗り味になる」というのだ。
_DSC5014
シングルっぽい乗り味でターンはツイン。市東プロは「理に適っている、これは流行りそう」とうなずいた。
_DSC5352
細く絞ったテールエリアを持つモデルだが、完全なビッグウェーブ用というわけではない。分かりやすくいえば“機敏に動かせるオルタナティブボード”といったところか。今回使用したボードは6’3″だが、このモデルはもっと長くして、ミッドレングスでも楽しそうと語った。
_DSC5386
サンディエゴの伝統を知り、そこに新しい思想を注ぐジョシュ・ホールの魅力が詰まったポインテッドノーズエッグ・ピンテールツイン。小波から大波までオールラウンドに使える、動かせるオルタナティブボードをお探しの方にはぜひおすすめしたいクイーバーだ。

=Special Thanks=
ホーリースモーク
TEL:045-914-5573
http://www.holysmoke.jp


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.