Blue.

  • FB
  • INSTAGRAM

3日続けて休まない。3日続けて頑張らない

posted Jan 14, 2020

_BSC_011A

 

Blue Surf Club 011
「3日続けて休まない。3日続けて頑張らない」

 

この冬は波がないなぁって、なんか毎年言ってる気がします(笑)。が、これを書いている今日は久しぶりに波が上がりました。しかし僕が住んでいる最寄りの海、いまホント地形が芳しくなくて、困ったものです。秋の台風で砂を根こそぎ持って行かれてしまった影響でしょう。いつ戻ってくるのかなぁ。

 

= 地形とは =
サーフィンをされない方に解説しますと「地形」というのは文字通り、海のなかの地形のこと。簡単に言えば波は浅瀬ほどブレイクしやすく、深いと割れづらくなります。うねりの強弱や、潮の干満とのバランスも関係し、総合して、地形の良しあしはサーフィンに適した波のカタチ、波に乗れる距離に大きな影響を与えます。で、海底がビーチ(砂浜)だと常に地形が動くため、同じ場所でも状況により波の崩れ方がぜんぜん変わるのです。

 

話は戻り、ここ数年、僕がサーフィンをするのは仕事の絡みがなければ平日の出社前。朝は時間が限られているので、家でウエットスーツに着替えてチャリで海へ向かい、ババっと入る、というルーティンです。しかし、これは近所の海だからできること。いまの地形が続くようだと、日の出が遅い冬の出勤前サーフィンは減りがちです。

去年の今ごろはすでにランニングを始めていましたが、マジで、何もやってなかったら運動不足もいいところでした。というわけで、海を眺めながら走る朝が続いています。

 

月に何日運動してる?

 

皆さんは、ひと月に何日運動してますか?

走り始める以前のしばらくは、僕は完全に波まかせライフで、波があれば入るし、なければ運動しない、という日々でした。波がない日が続くと当然、運動不足に。体重はどんどん増えていきました。

それを回避するためにプールに通っていた時期もあります。1500mはノンストップで泳げていたので、その時期は海でのパドルも楽だったな。筋肉痛知らず。しかし仕事の帰りが遅くなってプールの営業時間に間に合わなかったり、子どもが小さいことなどもあって続けられず……。やっぱり僕の場合は、時間をしっかり確保するなら朝! という結論に至りました。

 

で、こちらの表です。

_BSC_011B2

 

これはランニングをスタートして以降の、とある月の僕が運動した日です。

数値が記されている日は、サーフィンもしくはランニングをした日。「運動した日」が一発で分かるよう、運動しなかった日は計っても記録していません。分かりやすいでしょ?

さて、僕自身が100%守れていないので説明する必要がありますが、僕が運動する日数には、ざっくりですがルールがあります。

 

3日続けて休まない。
3日続けて走らない。

 

これが、僕が走り始めてから自分なりに導いた“つづける”コツです。

ランニングをスタートした当初、やる気に逸って鼻息荒く、また「休んだらぜったいやめちゃう」という怖さもあって、ほぼ毎日走っていました。水分摂取、栄養、休養がいかに大切か、という知識もなく、若いと勘違いして部活のようにガシガシやっていたら、案の定、足の痛みと腰(ヘルニア)への負担が大きくなり、しばらく走れなくなりました。

サーフィンと体づくりのために始めたのに、逆に体を壊すなんて本末転倒。で、休む勇気も必要だと痛感し、休養を織り交ぜながら自分らしいペースを模索していった結果、導いたのが「3日続けて休まない。3日続けて走らない」というルールです。

 

いくつか理由があります。

 

(1)必然的に月に10~20日運動するペースになる
(2)3日以上休まなければ持久力は維持できる
(3)仕事や雨で走れない日があっても工夫しやすい
(4)サーフィンとランニングを両立しやすい
(5)休養を取れてケガを防げる
(6)モチベーションを維持しやすい

 

です。

これ、ランニングを開始して以降で、僕がたどり着いた最高のルールかもしれません。いいことづくめ。とはいえ、上の表にはサーフィンの日も含まれているし、走れない日が続いた分を取り戻すべく4日連続走ったりで、完全にはルール通りになっていないんですが、そのあたりはざっくりで(笑)。また、最近は回復力がついてきたこともあり「4日続けて走らない、3日続けて休まない」くらいの感覚になってきています。

 

これからサーフィン以外にも運動をしようと考えている方、特に中高年の方、「3日続けて休まない。3日続けて走らない」。これ、本当におすすめなので、よければ取り入れてみてください。

 

……さて、もし3日以上波が続いたら? もちろん入れる限り、入り続けます。そのために体作ってるんだし、サーフィンは波のリズムに自分を合わせることが基本ですから。

 

Recently

 

_BSC011C

( 計測サポート/GARMIN INSTINCT TIDE

 

2020年に入ってからの記録です。思いきり正月太りしたことと、3月までにどこかのマラソン大会に出て記録を計ってみようかな? と思い、1月はいつもよりハイペースで距離を重ねています。ケガしないように気をつけねば……。

あ、波がある日はサーフィンしてますよ。もちろんです!

IMG_0424

つづく(はず)

 

Y. Toida / Chief editor of Blue. magazine.

 

Blue. Surf Club
目次&パーソナルデータまとめ
http://www.blue-mag.com/diary/bsc000/


© BLUE.ALL RIGHT RESERVED.